Recursos de colección

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers (136.069 recursos)

HUSCAP (Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers) contains peer-reviewed journal articles, proceedings, educational resources and any kind of scholarly works of Hokkaido University.

?? (???)

Mostrando recursos 21 - 40 de 313

  1. Studies on the epidemiology of severe fever with thrombocytopenia syndrome virus infection and the role of glycoproteins in the intracellular transportation of viral structural proteins [an abstract of dissertation and a summary of dissertation review]

    Tapiwa, Lundu

  2. Studies on the epidemiology of severe fever with thrombocytopenia syndrome virus infection and the role of glycoproteins in the intracellular transportation of viral structural proteins

    Tapiwa, Lundu
    重症熱性血小板減少症候群ウイルス(SFTSV)は中国、日本、および韓国における人の重要な新興感染症の原因ウイルスで、ダニ媒介性のフェニュイウイルス科に属している。日本において、SFTSVは西日本において常在しており、フタトゲチマダニ、タカサゴキララマダニなどのマダニがベクターとなっている。SFTSVゲノムはSFTSの発生のない地域でも検出されている。したがって、SFTSVが日本の野生動物の間で流行域が拡大しているかどうかを調べることは重要である。本論文は2つの章によって構成されている。第1章では、日本の様々な地域のシカやげっ歯類などの血清学的調査を実施した。SFTSの非流行地である北海道とSFTSの流行地である宮崎県から得られたシカの血清および、1997年から2009年の間に集められたげっ歯類の血清を検体に用いた。北海道のシカは一例も抗体を保有していなかったが(0%, 0/315)、宮崎では2例のシカが抗体を保有していた(4.9%, 2/41)。この抗体保有率の違いはSFTS患者の発生状況と一致していた。中国においてはげっ歯類から抗SFTS抗体が検出されているが、本研究においてはげっ歯類から抗体は検出されなかった(0%, 0/910)。したがって、SFTSVの伝播におけるげっ歯類の役割については未解明のままである。今後も日本においてSFTSVの流行状況を調べるために疫学調査が必要である。第2章では、SFTSVのL蛋白質(L)と核蛋白質(NP)の細胞内分泌経路への輸送に係る糖タンパク質(GP)の役割について解析を行った。ブニヤウイルス目のウイルスではウイルスの出芽がゴルジ装置の膜において起こることが知られている。最近ハンタウイルス科のウイルスにおいて小胞体‐ゴルジ中間領域(endoplasmic reticulum Golgi intermediate compartment: ERGIC)がウイルスの出芽において重要な部位であることが明らかになった。ウイルス粒子の産生にとって、ウイルスの構築が起こる細胞内器官に構造タンパク質が集積することは非常に重要である。しかし、これまでSFTSV構造タンパク質の各種細胞内器官における局在については明らかにされていなかった。本論文ではSFTSVの構造蛋白質の細胞内局在について、感染細胞と構造蛋白質を発現させた細胞において解析を行った。また、NPとLの各種細胞内器官への輸送におけるGPの役割についても解析を行った。GP、NP、およびLの小胞体(endoplasmic reticulum: ER)、ERGIC、およびゴルジ装置における局在について感染細胞をIFAにより解析を行ったところ、GPとLはER、ERGIC、およびゴルジ装置のいずれにも局在することが明らかになった。NPはERには局在が見られず、ERGIC、およびゴルジ装置に局在していた。構造蛋白質を単独で細胞内に発現させた場合、GPのみが細胞の分泌経路に輸送された。LはGPと共発現した場合にはERGICおよびゴルジ装置に輸送されたが、NPはGPと共発現させてもERGICおよびゴルジ装置に輸送されなかった。NPにヘマグルチニン(HA)タグを付加させて感染細胞で発現させたところ、HA付加NPはERGICおよびゴルジ装置に局在した。したがって、NPの出芽部位への輸送にはさらに別の因子が必要であることが示唆された。NPのERGICやゴルジ装置への輸送に関与するウイルスの因子についてさらなる解析が必要である。ERGICやゴルジ装置のSFTSVのウイルス粒子産生における役割についても今後明らかにすることが重要である。本研究で得られた知見はSFTSVの複製を理解する上で有用であるとともに、ウイルスの阻害剤を開発する上での基礎的情報を提供するものである。

  3. Pentosan polysulfate : an effective treatment for model of rheumatoid arthritis and a novel candidate for inhibition of cytokines-induced osteoclastogenesis [an abstract of dissertation and a summary of dissertation review]

    Wijekoon, H. M. Suranji

  4. Pentosan polysulfate : an effective treatment for model of rheumatoid arthritis and a novel candidate for inhibition of cytokines-induced osteoclastogenesis

    Wijekoon, H. M. Suranji
    炎症性関節症では、滑膜の異常増殖と関節を構成する骨軟骨の著しい破壊がみられる。関節リウマチなど、関節炎における関節破壊は、肥厚した滑膜内や滑液中に増加するマクロファージの数に比例して悪化する。炎症を発現した関節構造の生物学的な反応に対する多角的な研究は、関節の病理学的変化を理解することとそれによる治療法の開発には不可欠である。本研究は、次の二つ事象について検討した。まず、犬の関節リウマチにおいて重要な役割を持つ滑膜細胞と破骨細胞の分化能を解明すること、次に、破骨細胞分化および炎症性関節症における多硫酸ペントサン(PPS)の病態修飾効果を評価することを目的にした。滑膜には、変形性関節症、関節リウマチ、前十字靭帯断裂や膝蓋骨内方脱臼などに関連した関節疾患における主要な病態生理が存在する。検討の結果、前十字靭帯断裂や膝蓋骨内方脱臼に関連した関節炎では、それらによって誘導される関節内の炎症の度合いによって滑膜に存在する多分化細胞の分化能が変化することがわかった。さらに、炎症性因子によって刺激を受けた間葉系幹細胞はその分化能が高まることが示された。関節リウマチ罹患関節内の滑膜細胞からは炎症性プロスタグランディンや、インターロイキン(IL)-1、腫瘍壊死因子(TNF)-α、IL-17などの炎症性サイトカインが産生されることがわかっており、それらはすべて破骨細胞による骨破壊を誘導する因子であるが、ここではIL-1βによる犬破骨細胞分化抑制、骨破壊におけるIL-17のメカニズムの解明に加え、IL-17によるマトリックスメタロプロテイナーゼ(MMP)9発現抑制の根拠を明らかにした。PPSは半合成硫酸化多糖であり、西洋ブナから硫酸エステル化によって薬剤として製造されている。過去の in vitro や in vivo の研究成果から、PPSには関節軟骨・骨の保護効果や滑膜炎の制御など変形性関節症に対する病態修飾薬(DMOAD)としての能力があることが示されている。本研究では、PPSは破骨細胞分化を抑制し、骨粗鬆症や他の過剰な骨吸収を伴う骨疾患の治療薬になる可能性および臨床試験における薬理作用の検討に有益な情報が示された。PPSはその長期間投与における高い安全性から、炎症性病態への治療に活用しうることが示されてきた。そこで、コラーゲン誘発性関節炎(ラット)に対する抗関節炎効果について検討した。その結果、関節炎による関節破壊を抑制し、関節炎の進行を遅らせることができることが示唆された。以上の結果から、関節リウマチモデル動物におけるPPSの特筆すべき抗関節炎効果が示され、このことはPPSの破骨細胞分化抑制効果と関連していると考えられた。このことを結論付けるため、滑膜細胞や破骨細胞の分化様式を再現し、それにおけるPPSの関与を明らかにした。

  5. Study on the pandemic influenza vaccines prepared from avian influenza viruses [an abstract of dissertation and a summary of dissertation review]

    鈴木, 瑞穂

  6. Study on the pandemic influenza vaccines prepared from avian influenza viruses

    鈴木, 瑞穂

  7. イヌの血管内皮細胞および腫瘍移植マウスを用いた血管破壊剤CA4Pの腫瘍血管選択的遮断機序の解明 [論文内容及び審査の要旨]

    和泉, 雄介

  8. イヌの血管内皮細胞および腫瘍移植マウスを用いた血管破壊剤CA4Pの腫瘍血管選択的遮断機序の解明

    和泉, 雄介

  9. アドレナリンα2A受容体サブタイプに対するα2作動薬の作用に関する研究 [全文の要約]

    小林, 武志
    α2-Adrenoceptor (AR) agonists, dexmedetomidine (DEX) and xylazine (XYL), are clinically used for sedation and analgesia in humans and animals. The effect of xylazine shows marked species difference. α2A-AR subtype is reported to be important for the effect of α2-AR agonist, but precise mechanism of action of α2-AR agonists is still unclear. The effect of DEX and XYL by using functional α2A-AR KO mice (D79N) was estimated. In the isolated spinal cord preparation of mice, DEX and XYL inhibited both slow ventral root potential (sVRP), which is thought to reflect a nociceptive pathway, and monosynaptic reflex potential (MSR). sVRP was more...

  10. Studies on DNA gyrase of quinolone-resistant Mycobacterium leprae

    山口, 智之

  11. 褐色脂肪細胞の新規増殖機構とその組織形成における役割

    深野, 圭伍

  12. RIN14B細胞の細胞内Ca2+動態に対する硫化水素の作用に関する研究

    氏家, 絢子
    Hydrogen sulfide (H2S) is enzymatically synthesized from cysteine in the mammalian cells and acts as a gasotransmitter. I have previously reported that H2S activates transient receptor potential ankyrin 1 (TRPA1) channels and causes the increase of intracellular Ca2+ concentration ([Ca2+]i) in RIN14B cells, the cell line derived from rat pancreatic δ cells. On the other hand, H2S is reported to inhibit Ca2+ influx through the activation of ATP-sensitive K+ (KATP) channels in rat pancreatic β cells. There are no reports how the effects of H2S on Ca2+ signal appear in the cells expressing both TRPA1 and KATP channels. Furthermore, H2S...

  13. Studies on immune checkpoint molecules in canine cancers and development of a novel immunotherapy targeting these molecules [an abstract of dissertation and a summary of dissertation review]

    前川, 直也

  14. Studies on immune checkpoint molecules in canine cancers and development of a novel immunotherapy targeting these molecules [an abstract of entire text]

    前川, 直也
    この博士論文全文の閲覧方法については、以下のサイトをご参照ください。

  15. ウマ浅指屈筋腱の損傷部に対する超音波エラストグラフィ検査の応用 [論文内容及び審査の要旨]

    田村, 周久

  16. ウマ浅指屈筋腱の損傷部に対する超音波エラストグラフィ検査の応用

    田村, 周久

  17. Genetic diversity of multidrug resistant Mycobacterium tuberculosis Central Asian Strain isolates in Nepal [an abstract of dissertation and a summary of dissertation review]

    SHAH, YOGENDRA

  18. Disease Modifying Osteoarthritic Drug, Pentosan Polysulfate Sodium Modulates Cytokine-Induced Osteoarthritic Changes and Promotes Articular Cartilage Tissue Regeneration in vitro [an abstract of dissertation and a summary of dissertation review]

    BWALYA, EUGENE CHISELA

  19. Disease Modifying Osteoarthritic Drug, Pentosan Polysulfate Sodium Modulates Cytokine-Induced Osteoarthritic Changes and Promotes Articular Cartilage Tissue Regeneration in vitro [an abstract of entire text]

    BWALYA, EUGENE CHISELA
    この博士論文全文の閲覧方法については、以下のサイトをご参照ください。

  20. The effects of theca cell-derived bone morphogenetic protein-4 on in vitro growth, fertilization and subsequent development of bovine oocytes [an abstract of dissertation and a summary of dissertation review]

    楊, 応華

Aviso de cookies: Usamos cookies propias y de terceros para mejorar nuestros servicios, para análisis estadístico y para mostrarle publicidad. Si continua navegando consideramos que acepta su uso en los términos establecidos en la Política de cookies.