Recursos de colección

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers (135.521 recursos)

HUSCAP (Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers) contains peer-reviewed journal articles, proceedings, educational resources and any kind of scholarly works of Hokkaido University.

??????????????????????????????? (Graduate School of International Media and Communication)

Mostrando recursos 1 - 20 de 358

  1. Adulthood as Action Changing Meanings of Adulthood for Male Part-Time Workers in Contemporary Japan

    Cook, Emma E.
    Before the 1990s, Japanese routes to adulthood appeared to be well structured and strongly linked to the school-to-work transition and other status transitions, such as marriage, parenthood and home ownership. However, with significant changes in employment practices, a weakening of school-to-work transitions, and the rapid increase of the irregular labour market to 38.2% in 2012, there exists a greater acknowledgement of a diversity of routes into the world of employment and adulthood. Freeters, part-time workers aged between 15-34 who are neither students, nor housewives, have been at the epicentre of these discussions. By drawing on participant observation and interviews conducted...

  2. ソーシャルメディア時代におけるコミュニケーションのあり方の研究 : 初音ミク衛星プロジェクトを事例として

    渡辺, 謙仁
    同志社女子大学で開講されているメディア社会学という授業でゲスト講師として講義した際の講義スライド.

  3. メディア産業におけるファンのn次創作文化 : ニコニコ技術部と初音ミク衛星プロジェクトに着目して

    渡辺, 謙仁
    奈良県立大学で開講されているメディア産業論という授業でゲスト講師として講義した際の講義スライド.

  4. 翻刻『万代大雑書古今大成』(八)

    伊藤, 孝行
    本稿では、『万代大雑書古今大成』(読み : ばんだいおおざっしょここんたいせい)の書誌および翻刻の一部を掲げる。『万代大雑書古今大成』は天保年間に発行され、明治に入り改訂版が刊行された。内容は、生活するうえで必要なことが記してある便覧である。それゆえ、古くから伝わる習慣から占星術、名付けの際の留意点等々、多岐にわたる内容となっている。 『万代大雑書古今大成』は、管見のかぎり今のところ翻刻されていない。近代日本語資料の一として、また近代に於ける日本の習慣や風俗についての資料として、一定の価値はあろう。本稿では伊藤(二〇一七)* に続き、「な八」より「う三」まで掲げる。

  5. 台湾における「言語・ジェンダー研究」 : 文献レビューを中心に

    蘇, 席瑤; 林, 恒立
    本稿では、「言語・ジェンダー研究」に関する重要文献のレビューを行う。本稿は2部構成であり、まず第1部では、重要論文の紹介を通して、海外において「言語・ジェンダー研究」がどのように発展を遂げてきたのかをまとめ、この研究分野をより全面的かつ体系的に把握する。次に第2部では、台湾の言語とジェンダーに関わる現象をテーマにした先行研究をレビューし、海外の「言語・ジェンダー研究」の概況との比較を行う。これを通して、台湾での現象が持ち得る研究データとしての価値を示唆するとともに、今後の研究の方向性を示し、台湾の言語学者とジェンダー研究者の研究に資することを望んでいる(訳注:台湾に興味・関心を持つ言語学者とジェンダー研究者を含む)。本稿でのレビューを通しての結論は次のことである。台湾のデータ(会話データ・談話資料)を扱った「言語・ジェンダー研究」の数は決して多くなく、また先行研究のテーマは範囲がやや広いとはいえ、今後の研究の発展可能性がまだ十分にある。よって、この研究分野は言語学者とジェンダー研究者が引き続き力を入れるに値するジャンルである。

  6. 現代日本学プログラム予備課程日本語コースにおける試み : 自律学習の導入

    山田, 悦子
    北海道大学現代日本学プログラムは、高等教育の国際化の流れの中で、日本の大学の正規学生として留学生を受け入れる日本学専攻の4年間の学士課程として設立された。第一期生が2014年10月に予備課程を、2015年4月より学士課程を開始し、当稿執筆時点の2017年11月で既に第四期生が予備課程を開始している。日本語を教育言語とする日本の大学の学士課程では、留学生の受け入れに際して障壁になると言われている「教育言語」の問題は大きく、入学時点で求められる高いレベルの日本語力がネックとなっていると言われている。またグローバル30の枠組みで多く作られた英語を教育言語とする学士課程では、日本に長期間滞在しながらも日本語力を身につけないまま大学卒業となり、日本での就職も難しいという問題があった。現代日本学プログラムはこの言語の障壁の解決も視野におき、日本語、英語の双方を教育言語とするバイリンガルプログラムとしての可能性を追求する方向で設置された。当稿ではこの現代日本学プログラム学士課程入学前の半年間の予備課程で取り入れた自律学習クラスの開発について述べる。筆者は2014年度秋学期より予備課程日本語コースの授業を担当し、2015年度より予備課程日本語コースコーディネーターとしてカリキュラム開発の試行錯誤を重ねてきた。それらの反省を交えながら今後のより一層の改善を目指し、自律学習に焦点を当てて以下に記すこととする。なお、当稿は「実践報告」に近い性質の「報告」として執筆した。

  7. 中国におけるメディア融合戦略に関する考察

    西, 茹
    インターネットの発展は中国の情報環境を大きく塗り替えた。携帯電話を利用する人口が8億を超え、9割以上のネット人口がモバイル端末を利用してインターネットにアクセスするなど人々の情報行動は大きく変わってきた。人々の生活へのインターネットの深い浸透の現状は、共産党の管理体制下に置かれている新聞、テレビ、ラジオ、雑誌等の伝統メディアを周縁化しつつ、インターネットメディアを中心的な存在に押し上げた。微博(ミニブログ、中国版ツイッター)と微信(ウィーチャット、中国版LINE)を代表とする民間会社経営のインターネットサービスの利用者が急速に増大し、誰でも、どこでも情報発信が可能となった。その結果、地方都市で起きた出来事でも、全国ないし国際社会からの注目を集める「ネット世論事件」に発展するケースがしばしば見られる。時に国内外の突発的な事件や重大な案件をめぐって、巨大な力を持つネット世論が中国社会を揺さぶり、政府にも圧力を加える。 中国共産党と政府は、万民が参加する中国のネット言論空間と多様化された情報伝達チャンネルに強い危機感を持ち、2014年から、伝統メディアとインターネットを融合し、「新型主流メディア」を創出するメディア融合戦略を打ち出した。インターネット、移動通信、デジタル技術の迅速な発展によって促進されるメディア融合はグローバルな動きである。ただ中国の場合は、国家主導のメディア融合が放送と通信の融合に限らず、新聞、雑誌などのあらゆる伝統メディアを再編させ、インターネットメディアと融合させた。すなわち、新たなメディアプラットフォームを形成させ、政府が目指す国内外で影響力と競争力を持つ「新型主流メディア集団(グループ)」や現代的なコミュニケーションシステムを構築しようとする。本稿では、中国のメディア融合国家戦略は、どういう背景から打ち出し、何を狙っているのか、メディア機構はメディア融合にどのように取り組み、その実態はどうなっているのかを考察し、それらが提示する課題を検討したい。

  8. スタディ・クエスチョンで読む古典 : 「政治学は科学として成りたちうるか: 理論と実践の問題」(マンハイム)を読む(その2)

    長島, 美織
    This is the second part of a series of an attempt to propose and demonstrate a new method of reading academic masterpieces, which are otherwise difficult for readers to grapple with. The proposed ‘Study Question Method’ helps students read through and understand the target academic manuscript precisely and critically. The sample piece selected in this series of essays is ‘THE PROSPECTS OF SCIENTIFIC POLITICS: The Relationship between Social Theory and Political Practice’, the second article in “IDEOLOGY and UTOPIA” by Karl Mannheim (1893~1947). This part 2 examines a first part of Section 2 of the article. It consists of study...

  9. ハインリヒ・フォン・ミュンヘンの『世界年代記』 : 研究の現状と課題

    寺田, 龍男
    Mangels genügender beweiskräftiger Quellen bzw. Dokumente sind die Verhältnisse handschriftlicher Überlieferung der vormodernen Literatur nirgends auf der Welt aufgeklärt. Auf die altjapanische Heldendichtung ‘Gunki monogatari’, die wegen ihrer starken Historizität oft als war chronicle (Kriegschronik) definiert wird, trifft das auch zu. In dieser Hinsicht wäre es hilfreich, wenn sich die Forschungsergebnisse der entsprechenden Genres aus verschiedenen Kulturkreisen aufeinander anwenden ließen. Den Ausgangspunkt bilden dabei die Ansichten des japanischen Historikers Sokichi Tsuda (1873–1961), der die Grundstruktur der Werke der altjapanischen war chronicles untersuchte und folgende Eigenschaften hervorhob: 1. Die von Handschrift zu Handschrift unterschiedliche Konstruktion liegt an der lockeren Konsequenz verschiedener...

  10. 第4の統語的複合動詞「終わる」 : 統語的複合動詞の分類再考

    大野, 公裕
    Since Kageyama(1993) the syntactic compound verbs in Japanese have been classified into three types; raising, intransitive control, and transitive control verbs. In this paper I argue that there is a fourth type of syntactic compound verb in Japanese, -owar ‘come to an end’, as in (1). (1) Piza-ga tukuri-owat-ta. pizza-nom make-come to an end-past ‘One finished making pizza.’ Specifically, I show that -owar in (1) is a raising(unaccusative) verb taking a “restructuring” complement in the sense of Wurmbrand (2001, 2016). If so, the embedded object ‘pizza’ is assigned no Case by the embedded nor the matrix verb, and only assigned...

  11. Sentence-final particles in Cantonese and Japanese from a cross-linguistic perspective

    Iida, Maki
    近年、ヨーロッパ言語も含む様々な言語の話し言葉において発話末に現れ談話・語用論的な機能を果たす形式群を、「終助詞」(final particles)という新たな言語カテゴリーとして言語横断的視点から統一的に考察する研究が現れてきている。そこでは広東語や日本語における文末助詞(sentence-final particles)のような各言語において明確な語類ないし品詞を構成する形式群も同様に位置づけられている。 本稿は、広東語や日本語のほか、東アジア・東南アジア言語にしばしば見られる文末助詞という語類は、第一義的に文末に出現し、文との統合度の高い拘束的ないくつかの形式群からなる閉じたクラスを構成することから、少なくとも共時的レベルでは、上記のような広義の終助詞とは明確に区別して扱うのが妥当との見方をとる。 そこで本稿ではそうしたアジア言語の文末助詞についての理解を深めるべく、系統や類型を異にする広東語と日本語の文末助詞を比較対照し、その結果、両者の間の言語の別を越えたいくつかの類似点を指摘した。すなわち、統語的特徴としては、文末以外にも一定の伝達内容を持つ文中の句や語の後に生起すること、音韻的特徴としては、母音はいずれも開口度が大きく開音節であること、音調の類型や音調と意味の相関に共通の傾向が観察されることなど、いずれも伝達態度を文法化した語類であるがゆえの偶然とは見なしがたい共通点が挙げられた。 また、両言語では、対話場面における文末助詞ないし準文末助詞の使用頻度や義務性が高いことから、文ごとに伝達態度を標示することが半ば義務的になっており、すなわち文法化されており、文末助詞はその文法的手段として存在していることを主張した。

  12. Un análisis contrastivo de la estructura informativa japonesa y española : similitudes, diferencias, fricciones

    López Jara, Santiago
    Japanese is a language that uses primarily formal means, like the use of the particle wa (は), to mark a segment as the topic or the focus. Spanish is a language that uses primarily grammatical means, like word order, to mark a segment as the topic or the focus. Despite this difference, in both languages the topic and/or the focus can be put at the beginning, at the middle or at the end. As a result, because the range of grammatically correct word orders allowed in both languages is very wide, parallel structures (same word order) exist in Spanish and...

  13. La revalorisation socioculturelle aïnoue par la construction de marqueurs identitaires originaux : deux exemples cérémoniels de réappropriation ethnohistorique (Prolégomènes : 2e partie)

    Clercq, Lucien
    先の論文では、アイヌのアイデンティティの再表明において、虐げられたマイノリティ、とりわけアメランディアンとアフリカ系アメリカ人との対比がいかに重要であったかを考察した。たしかに、初期の政治的活動家たちの位置取りは、部落民や極左の活動家たちの行動に着想を得てなされたものではあるが、1970年代初頭に彼らのあとを継いだ若きアイヌの指導者たちは、長らく奪われていた基本的権利を回復するために闘う他の民族たちと自己同一視を図ったのであった。当時、混血がかなり進んでいたため、アイヌの若い世代は、社会的、民族的に自分たちが特殊であることを自覚していた。その特殊性は、日本的なものの荒波に揉まれながら決して失われることのない、独自の文化的ハイブリッドに裏打ちされたものであった。日本の介入がアイヌの社会にさまざまな危機をもたらしたことは事実である。とりわけ、日本の価値体系がより脆弱なアイヌの価値体系に与えた衝撃はアイヌの文化的基盤の一部を木っ端微塵にし、アイヌは日本人との共存を強いられることになったのであるが、それはアイヌにとって極めて困難なことであった。アイヌに残された唯一の道は、伝統的構造のいくつかを犠牲としながら順応することであった。日本の文化のうちには、アイヌがすでに慣れ親しみ、威信を高める目的で自文化のうちにとりこんでいた要素もあり、そうした要素を補償的に取り入れなおすことで、アイヌは完全な同化を免れたのである。異種交配の初期形態が胚胎したのはこうした葛藤を交えた状況下においてであった。しかし、植民地主義的過程がどんなに激しく進行しようとも、深部に秘められたアイヌの伝統的な宗教的・社会文化的構造が破壊されつくすことはなかった。また、伝統とのつながりを保とうとするアイヌの情熱や、歴史の転換点において新しい伝統を生み出そうとした若い世代の欲望などを考慮するのであれば、アイヌにおける異文化受容は部分的であったとみなしうるだろう。実地での体験が教えるところによれば、アイヌはつねに、日本の社会文化のなかから、そして他の民族から提供される豊富な文化的オプションのなかから、自分たちに役立つものを選別しつづけているのである。こうしてアイヌは、儀礼に関する記憶に基づいて歴史の再領有を行うという壮大なプロセスを始動させながら、アイデンティティの再構築に挑むことになったのである。その具体的な事例が、文化的な年中行事である二つの記念祭、すなわち鮭の神を祭るアシリチェップノミと歴史的英雄を祭るシャクシャイン祭りである。本論はその詳細について論じたものである。この二つの祭りは、今日のアイヌ文化における主要なイベントとして、アイデンティティの再構築や社会政治的復権を目指した弛まぬ努力を支える積極的な文化保存の思考と深く結びついているのである。

  14. 直示と参照に基づく「前(まえ)」と「後(あと)」の意味分析

    山下, 好孝
    In earlier papers (Yamashita [2016a], Yamashita [2016b]) I proposed the need for a contextual and deictic approach in Japanese syntax. In this paper I analyze the temporal expressions MAE and ATO from the same point of view. Contextual use means that an expression needs to be interpreted with respect to a reference point in order to be understood appropriately. The Japanese expression ~NO MAE-NI presupposes that the noun which precedes it functions as its reference point. 1) Hirugohan-no mae-ni sensei-ni au. “Before lunch, I will meet the teacher.” The main action “au (to meet)” occurs before the lunch. In this...

  15. 見本市通信の受容について

    江口, 豊
    The Messrelation had a relatively vast readership. Nevertheless, the state of preservation of this ambiguous publication in private and official libraries is evidence of its unclear importance. For the clients the half-year periodical had rather an almanac-like character. As with all other printed media, there was always a certain tension between the local or state authority and the printers and editors of the Messrelation. The half-year periodical with many imitator had two further points in common with the first newspaper in Strassbourg in1605: the word “relation” in the title and the image of Mercury. An unconscious motivation to acquire the Messrelation...

  16. 「保険とリスク」(フランシス・エワルド著)を読む : スタディ・クエスチョン・メソッドの試み : その3:第11段落から第16段落:riskの特徴1と2

    長島, 美織
    This essay represents an attempt to read and interpret one of the classic English-language papers in social science using Study Questions as a guide with the purpose of gaining a deeper understanding of the text. This third part deals with paragraph 11 to 16 of the paper ‘Insurance and Risk’. This paper is written by François Ewald, and considered an excellent example of the application of some of the key elements of Foucauldian thought to the study of the sociological notion of risk.

  17. 手続き的意味による中国語談話標識「怎么说」の分析

    楊, 雯淇
    The present study aims to analyze the Chinese discourse marker zenmeshuo by procedural meaning. Briefly reviewing the notion of activation proposed by Wharton (2003, 2009) and the massive modularity hypothesis introduced by Wilson (2011), I propose that the “procedural meaning” of zenmeshuo activates the hearer’s epistemic vigilance module (Sperber et al. 2010). It helps the hearer to recognize the speaker’s uncertainty at some levels of speech production and facilitate further inference so that a higherlevel explicature could (but not necessarily) be constructed, with its reported functions, such as alleviation of the speaker’s responsibility, and euphemism, derived as side effects. I...

  18. 中国における日本語主専攻学習者の出身地と動機減退の関連

    許, 晴
    With Japanese language learners in China as research participants, this paper adopts quantitative and qualitative methods to explore the relationship between the learners’ birthplace and factors related to their demotivation to study the Japanese language. From an interview of nine students majoring in Japanese, this paper suggests that one of the demotivation factors may stem from senses of inferiority or superiority associated with their birthplaces. Additionally, a survey on learning demotivation was conducted in two universities, one in Hunan Province and another in Shanghai City. Comparisons of learners’ demotivation factors based on home province and location of family register indicated...

  19. 農民工にみる中国近代化の圧縮性 : 個人化論を分析の土台として

    王, 瞻
    This paper focuses on migrant workers in urban areas in China who suffer from pneumoconiosis, a lung disease caused by the inhalation of factory dust and PM2.5. It approaches this situation as a key aspect of the compressibility of China’s modernization, and explores how industrial society - with its production and distribution of wealth - is created in parallel with a risk-society (Beck 1986) social system that makes the mitigation and handling of risk possible. In addition, it explores the intersection between the social system afforded to these migrant workers and the level of detachment they exhibit in terms of...

  20. 「持たざる村落」における観光取組の効果に関する研究 : 人的ネットワークの観点からの分析

    西村, 公一
    Focusing on a rural community with relatively less appealing tourism resources, the purpose of this study is to clarify impacts of tourismrelated activities to the community. Selecting and analyzing Tarusawa area in Ninohe city as a case, it is identified that social impacts are more important than economic and environmental ones. Following the result, the study focuses its analysis on human networks created through tourismrelated activities in the area, and compares them to the human networks existed in the past (1940s-1980s). As a result, it is clarified that some of the human networks in the past have been reproduced by...

Aviso de cookies: Usamos cookies propias y de terceros para mejorar nuestros servicios, para análisis estadístico y para mostrarle publicidad. Si continua navegando consideramos que acepta su uso en los términos establecidos en la Política de cookies.