Recursos de colección

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers (135.521 recursos)

HUSCAP (Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers) contains peer-reviewed journal articles, proceedings, educational resources and any kind of scholarly works of Hokkaido University.

Discussion paper

Mostrando recursos 1 - 20 de 67

  1. Are Moderate Leviathans Harmful to Tax Coordination?

    Itaya, Jun-ichi; Chikara, Yamaguchi
    This paper investigates how the sustainability of partial tax coordination between several governments is affected when the governments' objective function is moderate Leviathan in that policymakers are neither entirely benevolent nor fully self-interested. We show that partial tax coordination is more likely to prevail when moderate Leviathan-type governments become more revenue-maximizing Leviathans. In this case, the increased intensity of fiscal externality due to different tax rates makes partial tax coordination more sustainable at the cost of the tax union member countries' well-being.

  2. コワーキングスペースにおけるコミュニティ構築とサステナビリティ向上の要因

    宇田, 忠司; 阿部, 智和

  3. What is the Major Source of Business Cycles : Spillovers from Land Prices, Investment Shocks, or Anything Else?

    Shirota, Toyoichiro
    Some recent studies argue that spillovers from land prices into the aggregate economy are the crucial drivers of business cycles. Other studies stress the importance of investment shocks at business cycle frequencies. This study evaluates these two strands of the literature in a single unified framework by estimating a New Keynesian dynamic stochastic general equilibrium model with a collateral constraint on investment financing. The results are twofold: (i) when these features are combined, neither shocks that drives most of land-price fluctuations nor investment shocks are the primary source of U.S. business cycles; and (ii) technology shocks play an important role...

  4. Evaluating the Unconventional Monetary Policy in Stock Markets : A Semi-parametric Approach

    Shirota, Toyoichiro
    This study analyzes the effect of a central bank’s intervention in stock markets, while allowing for nonlinearities and state dependencies, using a semi-parametric approach. A causal inference on such intervention is difficult because of the selfselective behavior of central banks. To address these problems, we apply the propensity score method in a time series context, exploiting stock price information of a single day. We find that first, there are demand pressure effects in stock markets if an intervention is large enough. Second, the effects are state-dependent and stronger during market downturns. Finally, a central bank’s interventions have a considerable impact...

  5. An Analysis of Peer Effects on Vaccination Behavior Using a Model of Privately Provided Public Goods

    Itaya, Jun-ichi; Ibuka, Yoko; Miyazato, Naomi
    Traditional economic models of vaccination behavior simply assume that agents free-ride on the vaccination decisions of others. We provide three different models of private provision of a public good, such as a joint production model and a conjectural variation model, to explain how a positive peer effect regarding vaccination behavior arises. We conduct two empirical studies using Japanese data in these models. The first empirical analysis, using a data set on the vaccination behavior of neighbors residing in the same block of a city, finds the existence of positive peer effects on individuals' vaccination decisions. The second empirical analysis also...

  6. 管理職によるジョブアサインメント : 経験を創り・与え・支援する

    松尾, 睦
    本研究は、中堅社員(課長級管理職に昇進する前の20 代後半から30 代の社員)のマネジメント能力(業務スキル、対人スキル、意思決定スキル等)を高めるために、管理職がどのように仕事をアサインすべきか(任せるべきか)を明らかにすることを目的としている。日 本企業に勤務する部課長級管理職および中堅社員を対象とした質問紙調査データを分析し、次の点を検討した。すなわち、①与えやすく、かつ中堅社員の能力を高めるのに有効な業務、②業務と中堅社員の能力との関係、③業務を創り出す方法、④管理職が中堅社員の業務遂行を支援する方法である。 分析の結果、以下の点が明らかになった。与えやすく有効性の高い業務としては、「他部門との調整が必要な業務」「他部門を巻き込みながら進める業務」「自部門内の戦略・構想を策定する業務」「部門内の業務を改善・変革する業務」「高い目標を達成する業務」「新しい業務の提案や遂行を伴う業務」「顧客や取引先と打ち合わせ・交渉する業務」「協力企業や取引企業との協働」「新人・経験不足のメンバーの指導」「本人が経験したことがない業務」などが挙げられた。特に、権限が及ばない状況での業務、変革に関わる業務、高い責任の業務、幅広い仕事に携わる業務が中堅社員の能力向上に好影響を与えていた。 業務の創り方に関して、管理職は「役割を見直す」「新たな役割を創出する」「部門内の問題に対応する」「他部門と連携する」「外部組織からの要望やクレームに対応する」ことによって業務を創出し、部下に与えていた。また、高い業績を上げている管理職ほど、上位者や自身が担っていた業務を中堅社員に任せ、他部門との連携の機会を自ら創りだしていた。 中堅社員が業務を遂行する際、管理職は「業務の意義・重要性の明確化」→「事前に必要な手配・段取り」→「業務の要所・急所に関する指導」→「実行段階での側面支援・後方支援」→「進捗確認とフィードバック」という順序で部下を支援していた。このうち、本人の 成長やキャリアにおける意味や期待、部門内のフォロー体制、実施段階での側面・後方支援、事後の振り返りが不足している点が明らかになった。 最後に、予備調査(自由記述調査)から、優れたジョブアサインメントを実施していると思われる8つの事例を紹介した。

  7. 5分間リフレクション・エクササイズ

    松尾, 睦

  8. Social Capital and the Status Externality

    Itaya, Jun-ichi; Tsoukis, Chris
    This paper investigates how the presence of social capital affects the externality arising from status-seeking preference as a parable for inefficient antagonistic behavior. It is assumed that the stock of social capital is accumulating through joint social interaction between rational individuals who are forward looking. Using a differential game, we show that although the presence of social capital mitigates the tendency of overconsumption over time, social capital ends up declining to zero. It is also shown that the benefits from social capital enhance the motivation of individuals to accumulate social capital thereby leading to deter overaccumulation and thus possibly improving...

  9. 古典的有限次元財空間経済モデルにおける競争均衡の存在定理について : Nikaido(1956, 57)を中心にして

    久保田, 肇
    本論文では、Nikaido(1956, 57)において扱われた、古典的有限次元財空間経済モデルにおける競争均衡の存在定理を取り上げ、それらの内容を再考する。Nikaido(1956)では純粋交換経済やレオンティエフ型世界経済における競争均衡の存在定理を、角谷の不動点定理から導かれたゲール・二階堂の補題に基づいて証明した。この純粋交換経済では、各消費者は非負象限を消費集合として持ってその初期保有点として全ての財を保有するという、また、レオンティエフ型世界経済では、各国が非負象限を消費集合として持って全ての財を生産できるという、かな強い条件が課されていた。その補足的な論文であるNikaido(1957)では、消費集合はそのままにして、純粋交換経済では各消費者が初期保有点として一部の財のみ保有して、全体では全ての財を保有するという、また、レオンティエフ型世界経済では、各国が一部の財を生産でき、世界全体では全ての財を生産できるという、より一般的な状況において競争均衡の存在定理を示した。そこでは、価格集合全体での需要対応のグラフが閉になるとは限らないので、純粋交換経済では各消費者の所得が正になる、または、レオンティエフ型世界経済では各国の所得が正になる価格集合を考えて、このような価格集合上に制限した需要対応のグラフの閉凸包から、全価格集合上の新たな需考対応を構成して、Nikaido(1956)の不動点を用いた議論を適用して、元経済の競争均衡の存在を示した。

  10. 古典的有限次元財空間経済モデルにおける競争均衡の存在定理について : Nikaido(1956, 57)を中心にして

    久保田, 肇
    本論文では、Nikaido(1956, 57)において扱われた、古典的有限次元財空間経済モデルにおける競争均衡の存在定理を取り上げ、それらの内容を再考する。Nikaido(1956)では純粋交換経済やレオンティエフ型世界経済における競争均衡の存在定理を、角谷の不動点定理から導かれたゲール・二階堂の補題に基づいて証明した。この純粋交換経済では、各消費者は非負象限を消費集合として持ってその初期保有点として全ての財を保有するという、また、レオンティエフ型世界経済では、各国が非負象限を消費集合として持って全ての財を生産できるという、かな強い条件が課されていた。その補足的な論文であるNikaido(1957)では、消費集合はそのままにして、純粋交換経済では各消費者が初期保有点として一部の財のみ保有して、全体では全ての財を保有するという、また、レオンティエフ型世界経済では、各国が一部の財を生産でき、世界全体では全ての財を生産できるという、より一般的な状況において競争均衡の存在定理を示した。そこでは、価格集合全体での需要対応のグラフが閉になるとは限らないので、純粋交換経済では各消費者の所得が正になる、または、レオンティエフ型世界経済では各国の所得が正になる価格集合を考えて、このような価格集合上に制限した需要対応のグラフの閉凸包から、全価格集合上の新たな需考対応を構成して、Nikaido(1956)の不動点を用いた議論を適用して、元経済の競争均衡の存在を示した。

  11. 離散型1部門ラムゼーモデルの基本的性質について

    久保田, 肇
    本稿では効用関数が下に有界のケースのラムゼーモデルに関する、最適経路の存在、特徴付け、厚生経済学の基本定理等の基本的な性質を議論する。

  12. 離散型1部門ラムゼーモデルの基本的性質について

    久保田, 肇
    本稿では効用関数が下に有界のケースのラムゼーモデルに関する、最適経路の存在、特徴付け、厚生経済学の基本定理等の基本的な性質を議論する。

  13. ジョブ・アサインメントの支援制度 : 島津製作所と参天製薬の事例

    松尾, 睦

  14. イギリスにおける産業委員会法(The Trade Boards Act 1909)の成立

    金, 仁子

  15. Not All Exchange Rate Movements Are Alike : Exchange Rate Persistence and Pass-Through to Consumer Prices

    Shirota, Toyoichiro
    This study develops a framework to identify persistent and transitory shocks in exchange-rate movements and to estimate the shock-specific exchange-rate pass-through to domestic prices. The framework combines a dataset of a long time series of exchange-rate forecasts since the 1980s with a range restriction that is a natural generalization of the standard sign restriction. The empirical results show that exchange rate pass-through is higher when a persistent shock dominates exchange-rate movements. The composition of persistent and transitory shocks varies over time. This study asserts that time variations of exchange rate pass-through are at least partly attributable to differences in shock-specific...

  16. 退職所得課税に対する検証 : 中小法人における従業員に対する退職一時金支給実態に関する実証研究

    櫻田, 譲; 柳田, 具孝

  17. 退職所得課税に対する検証 : 中小法人における従業員に対する退職一時金支給実態に関する実証研究

    櫻田, 譲; 柳田, 具孝

  18. 退職所得課税に対する検証 : 中小法人における従業員に対する退職一時金支給実態に関する実証研究

    櫻田, 譲; 柳田, 具孝

  19. 対話を通した経験のリフレクション : 株式会社日本能率協会マネジメントセンターの事例

    松尾, 睦

  20. Alternative Objectives in an Oligopoly Model : An Aggregative Game Approach

    Itaya, Jun-ichi; Cornes, Richard
    A rapidly growing literature analyzes models in which firms maximize objectives other than profit and enjoy market power. Examples include the labor-managed firm, mixed oligopoly, and delegation models. These models typically retain the aggregative structure of the conventional Cournot model of imperfect competition. We exploit this fact and apply the framework recently developed by Cornes and Hartley (2005, 2011) to analyze the properties of the equilibrium in such games. We show that existing treatments often make more restrictive assumptions than necessary to generate their results. Specifically, we identify conditions sufficient to ensure the existence of a unique equilibrium, and we...

Aviso de cookies: Usamos cookies propias y de terceros para mejorar nuestros servicios, para análisis estadístico y para mostrarle publicidad. Si continua navegando consideramos que acepta su uso en los términos establecidos en la Política de cookies.