miércoles 16 de abril de 2014

 

 



Soy un nuevo usuario

Olvidé mi contraseña

Entrada usuarios

Lógica Matemáticas Astronomía y Astrofísica Física Química Ciencias de la Vida
Ciencias de la Tierra y Espacio Ciencias Agrarias Ciencias Médicas Ciencias Tecnológicas Antropología Demografía
Ciencias Económicas Geografía Historia Ciencias Jurídicas y Derecho Lingüística Pedagogía
Ciencia Política Psicología Artes y Letras Sociología Ética Filosofía
 

rss_1.0 Recursos de colección

CURATOR : Chiba University's Repository for Access To Outcomes from Research (89.436 recursos)
CURATOR captures, preserves and makes publicly available intellectual digital materials from research activities on Chiba University campuses. CURATOR is intended to function as the portal for the outcomes from Chiba University's research activities. The University Library is responsible for building and operating CURATOR under the guidance of the Faculty Committee for Improved Scholarly Information Availability, which commissioned by the Library Board of Faculty Representatives to systematically promote and arrange disseminative activities by the University.

chiba_univ

Mostrando recursos 1 - 20 de 86.725

1. 中堅企業の社長インタビュー調査(29) - 清水, 馨; シミズ, カオル; Shimizu, Kaoru

2. 第2種の一般化ベータ分布について - 西埜, 晴久; ニシノ, ハルヒサ; Nishino, Haruhisa
This note shows various income distributions including Singh-Maddala,Beta of the second kind, Dagum, Generalized Gamma, GeneralizedBeta distribution of the second kind and first kind, and GeneralizedBeta distribution. It also shows the Gini coefficients of these distributionsincluding their derivation. Finally it mentions generations ofGB2 random numbers and remaining issues.

3. ベンジャミン・ストロングと1920年代 - 秋元, 英一; アキモト, エイイチ; Akimoto, Eīchi; Akimoto, Eiichi
This is my second paper on Benjamin Strong, New York bankerand the first governor of the Federal Reserve Bank(FRB)of NewYork, based mainly on the Strong papers of the FRB, New York archives.In this paper I focused on Strong's thinking and behavior in1927-28. Some studies criticized him for his lowering of interest ratesin 1927, because it was thought to have inflamed the speculative boomof the New York stock market through easier utilization of bankcredit and as a result caused the stock market crash of 1929. We mustsee economic situation, however, from multiple aspects. Strong recognizedthat it was necessary for European nations...

4. 欧州債務危機をめぐる経済諮問委員会の財政・金融安定化構想 - 古内, 博行; フルウチ, ヒロユキ; Furūchi, Hiroyuki; Furuuchi, Hiroyuki
欧文抄録: p.217-p.218

5. エコイノベーションの推進に向けた産学連携 - 中原, 秀登; ナカハラ, ヒデト; Nakahara, Hideto
The promotion of the eco-innovation which resolves the issues ofthe global environment and contributes to the sustainable social developmentis required currently.In this paper, I research the significances, subjects and management,focusing on the development by the industry-university cooperationtowards the promotion of the eco-innovation.In the industry-university cooperation towards the development ofthe eco-innovation, I observed the significances of the utiliying the scientificand technical knowledges, cutting the development costs, developingquickly and pursuing the efficiency of the development.Upon the research and development by the industry-university cooperationtowards the eco-innovation, to make the policy, vision, andpurpose clear, to share with them among members under the strongleadership were...

6. 芸術と経営:二元性の論理-ピーター・ドラッカーの構造主義哲学- - 村山, 元英; ムラヤマ, モトフサ; Murayama, Motofusa; 村山, にな; ムラヤマ, ニナ; Murayama, Nina
Peter Drucker's management theories were re-evaluated in this paperfrom the art perspectives utilizing the hypothesis of dualistic monismtheories(East meets West / West meets East)which were developedin the Trial Theories of the Chiba School in InternationalManagement about a half century ago in Japan. There is truth insharing values of“Emotion"or Kando(感動)Globalism in both artand management.

7. 市町村の介護予防事業における業務委託の現状と課題-A県の業務委託実態調査からの示唆- - 石川, 志麻; イシカワ, シマ; Ishikawa, Shima; 宮崎, 美砂子; ミヤザキ, ミサコ; Miyazaki, Misako; 石丸, 美奈; イシマル, ミナ; Ishimaru, Mina
本研究の目的は,市町村保健師が業務委託で運動による介護予防事業を展開する過程で実施していることと,それを受託事業者がどのように受け止めているのかをPDCAサイクルの各段階に沿って現状と課題を明らかにすることである。 郵送自記式質問紙調査を実施し,A県全58市区町村保健師のうち16名(27.6%),通所介護事業所やフィットネスクラブなど5種類の事業者数に応じ,層化して無作為抽出した事業者1,000名中44名(4.4%)の有効回答を得た。 Plan段階で保健師も事業者も契約内容に合意していると回答しているものの,事業者は委託を受ける弱い立場を感じていた。Do段階で,モニタリング結果の共有の有無について保健師と事業者に有意差があった。Check段階で,保健師と事業者で成果を感じる項目に差があり,事業者は参加者個別の変化を重視する傾向があった。Action段階で,業務評価のフィードバックの有無について保健師も事業者も,約半数ずつに分かれた。事業者間での成果の差は保健師も事業者も約半数が感じており,その差へのアプローチが必要であることも互いに認識していた。保健師が事業者間の差を感じているように,事業者も保健師間での力量の差を感じていた。 効率的・効果的な業務委託を進めるために,保健師はPDCAサイクルの全過程で,事業者と共に自治体の介護予防計画に沿った評価項目・基準を確認しながら業務を展開する姿勢が重要である。また,保健師は常に事業者が自分とコミュニケーションを取れていると感じているかどうかを確認しながら歩み寄り,相手の負担感や遠慮があることに配慮しながら定期的にヒアリングの時間を設けることが

8. 今日の社会・制度・業務体制下における地域のニーズに応じた保健師活動の工夫の特徴 - 細谷, 紀子; ホソヤ, ノリコ; Hosoya, Noriko; 大光, 房枝; ダイコウ, フサエ; Daikō, Fusae; Daikou, Husae; 丸谷, 美紀; マルタニ, ミキ; Marutani, Miki; 雨宮, 有子; アマミヤ, ユウコ; Amamiya, Yūko; Amamiya, Yuko; 佐藤, 紀子; サトウ, ノリコ; Satō, Noriko; Sato, Noriko; 石垣, 和子; イシガキ, カズコ; Ishigaki, Kazuko
本研究の目的は,今日の社会や制度,それに伴う業務体制下において,地域のニーズに応じた保健師活動を実践するための工夫の特徴を明らかにすることである。A県内の県型保健所,市町村,政令市・中核市,計11機関に所属する保健師20名を対象に,地域のニーズに応じた活動のために工夫していることについて半構成的インタビューにより調べ,その内容を質的帰納的に分析した。 結果,活動実施に至る「課題」は,≪保健師の活動体制や業務内容の偏りによる地区活動・予防活動の質・量の低下≫,≪対応に高度な技術と時間を要する健康問題の増加≫他4つであった。工夫している活動の「内容・方法」は,【意識的,迅速,柔軟な行動による保健師・関係者間の対面での関係づくりと情報の共有化】,【家庭訪問や地区診断に関する意見交換や情報の共有化を可能にするシステムづくり】,【日常業務の中での意識的なスタッフ指導と現任教育のシステム化】,【行政内部の仕組みや人材と外部資源を活用した効率的効果的な事業・活動の運営】,【データによる根拠の明確化に基づく活動の創出や人材確保】他6つであった。活動の「効果」は,<個別支援を含む地区活動の質向上>,<保健師間や関係者間の協働の広がりと深まり>,<スタッフ保健師の意欲・能力の向上>,<効果的効率的な事業運営や専門職増員などによる地区活動の量確保>の4つであった。 活動の「内容・方法」と「課題」および「効果」との関係性に基づき,地域のニーズに応じた保健師活動を実践するための工夫の特徴として以下の4つを導きだした。すなわち,「地区活動の質向上をもたらす

9. 行政保健師の現任教育に関する国内文献の検討 -研究の実態と研究方法論の特徴に焦点をあてて- - 藤田, 美江; フジタ, ミエ; Fujita, Mie; 宮崎, 美砂子; ミヤザキ, ミサコ; Miyazaki, Misako; 石丸, 美奈; イシマル, ミナ; Ishimaru, Mina
本研究の目的は,行政保健師の現任教育に関する国内文献を検討し,現任教育に関する研究の実態や研究方法論の特徴を明らかにし,保健師の実践能力向上に寄与するための今後の研究の方向性について示唆を得ることである。データベースは医学中央雑誌による検索を中心とし,検索期間は2002-2012年,検索語は「保健師×(現任教育,人材育成,継続教育,OJT,研修)」とした。研究目的にあった文献を選定し,24件を分析対象とした。現任教育に関する研究は,2つに分類できた。現任教育に関する体制や要望など実態を調査したものと,研修会などを試みてその評価・成果を確認した介入研究である。現任教育の実態として,新任期保健師に対する指導体制など,教育体制の整備が不十分であることが確認された。キャリア発達段階に着目した研究は多かったが,保健所と市町村など所属や保健活動の性質別の分析は行われていなかった。介入研究では,OJTとOff-JTを連動させる試みが認められたが,介入による変化は,実施後に保健師の自己評価でとらえるものがほとんどであった。以上の結果から,現任教育における効果的な教育介入のあり方を検討する研究が必要であると考えた。具体的には,保健活動の性質別現任教育のあり方,評価の方法と時期の検討,体系的・効果的研修の企画,外部支援のあり方に着目した研究が今後の研究課題であると考える。

10. レビー小体型認知症療養者と家族の薬物療法に関するニーズ - 湯本, 晶代; ユモト, アキヨ; Yumoto, Akiyo; 諏訪, さゆり; スワ, サユリ; Suwa, Sayuri
本研究の目的は,外来受診しながら自宅で生活するレビー小体型認知症(以下,DLBとする)在宅療養者とその家族の発症以降の薬物療法に関するニーズを明らかにし,看護支援のあり方に示唆を得ることである。対象は,DLBと診断され外来受診を継続しているDLB在宅療養者(以下,療養者とする)7名とその家族12名であった。療養者は男性5名と女性2名,年齢は60~90歳代で,すべての療養者が認知機能の低下と幻視の出現,治療薬の副作用による体調の変化を経験していた。家族は配偶者5名と実子5名,実子の配偶者2名であった。対象者に半構造化面接を実施し,3名の療養者と12名の家族から得られた薬物療法に関する語りの内容を療養者と家族それぞれに分けて質的帰納的に分析した。その結果,療養者のニーズとして【体調悪化の原因がDLBなのか薬の副作用なのかを知りたい】【出現する副作用症状について見当をつけたい】などの5つの最終カテゴリーが得られた。また,家族のニーズとして[柔軟な服薬時間の変更により療養者の体調を整えたい][医療職者から副作用症状出現時の対応について専門的情報を得たい]などの5つの最終カテゴリーが得られた。以上より,療養者と家族が療養者の自宅での生活状況や治療薬と症状の関係性についての情報を的確に医師に伝えるための援助や,副作用症状出現時に服薬の可否や服薬量調整について速やかに相談できる体制の構築などの看護支援の必要性が示唆された。

11. 経験の浅いICU看護師が看護実践で感じる困難 - 田口, 智恵美; タグチ, チエミ; Taguchi, Chiemi; 佐藤, まゆみ; サトウ, マユミ; Satō, Mayumi; Sato, Mayumi; 三枝, 香代子; サエグサ, カヨコ; Saegusa, Kayoko; Saegusa, Kyoko; 浅井, 美千代; アサイ, ミチヨ; Asai, Michiyo; 阿部, 恭子; アベ, キョウコ; Abe, Kyōko; Abe, Kyoko; 白鳥, 孝子; シラトリ, タカコ; Shiratori, Takako; 広瀬, 由美子; ヒロセ, ユミコ; Hirose, Yumiko
Objective: To elucidate the difficulty encountered by inexperienced intensive care unit( ICU) nurses during nursingpractice.Study design: Qualitative descriptive study.Methods: Group interviews were conducted on nurses with no more than three years of ICU nursing experienceand nurses with no less than seven years of ICU nursing experience at a hospital in Chiba Prefecture. The accountsof nurses with no more than three years of ICU nursing experience regarding situations in which they encountereddifficulty during nursing practice were analyzed in a qualitative, inductive manner.Results: A total of 14 categories of difficulty encountered by inexperienced nurses during nursing practice wereidentified, including the following“: performing...

12. 緩和的放射線療法を外来通院で受けるがん患者のレジリエンスを獲得するプロセス - 森本, 悦子; モリモト, エツコ; Morimoto, Etsuko; 佐藤, 禮子; サトウ, レイコ; Satō, Reiko; Sato, Reiko
本研究の目的は,緩和的放射線療法を外来通院で受けるがん患者がレジリエンスを獲得するプロセスを明らかにすることである。研究参加に同意した19名の患者に治療開始から終了後の外来受診まで,面接調査法・参加観察法により資料を収集し,質的帰納的な分析を行った。結果,‘回復する力'を獲得するプロセスは,患者が直面する困難な状況において,まず,Ⅰ.[緩和的放射線療法を受ける決意]を固め,治療を乗り切るためにⅡ.[生と死に向かう取り組み]が行われ,その結果Ⅲ.[意味ある日常生活の継続]が導かれ,取り巻く周囲との関わりがもたらす精神的安寧や治療効果などがⅣ.[治療や周囲への主体的な関わり]として機能し,最終的にレジリエンスの獲得に至るものであった。以上より,外来で緩和的放射線療法を受けるがん患者は,困難な状況を生き抜くために,自分が生きられる限られた時間を受け止め,治療を受けることを決心し,「生きる」ための積極的な治療と共に「死」を意識した取り組みを行うことが必要であるといえる。そして,取り組みによって困難から回復するための活力が生み出され,周囲の支えを自らのものとしていく行動を通してレジリエンスが強化され,最終的な力が獲得されると考える。従って,レジリエンス獲得を促進させる看護介入は,患者本人の治療への強い意欲の持続と,それを支え続ける周囲のサポート力強化が重要であるといえる。

13. 根保証の元本確定前における保証債務の履行請求の可否と随伴性の有無(最高裁平成23年(受)1833号、貸金請求事件、平成24年12月14日第二小法廷判決・民集66巻12号3559頁) - 大澤, 慎太郎; オオサワ, シンタロウ; Ōsawa, Shintarō; Osawa, Shintaro
HOGAKU RONSHU(CHIBA JOURNAL OF LAW AND POLITICS)

14. 国際法における不干渉原則論の構図(2) --適用問題への一視座-- - 藤澤, 巌; フジサワ, イワオ; Fujisawa, Iwao
HOGAKU RONSHU(CHIBA JOURNAL OF LAW AND POLITICS)

15. ケーブルテレビの区域外再放送に係る総務大臣裁定制度の理論的整理と最近の事例分析 - 岡崎, 俊一; オカザキ, シュンイチ; Okazaki, Shun'ichi; Okazaki, Shunichi
HOGAKU RONSHU(CHIBA JOURNAL OF LAW AND POLITICS)

16. 政党間関係から見た戦間期オランダ・カトリック政党における指導者の交代:一九三四-一九三六 - 作内, 由子; サクウチ, ユウコ; Sakūchi, Yūko; Sakuuchi, Yuko
HOGAKU RONSHU(CHIBA JOURNAL OF LAW AND POLITICS)

17. 休会任命をめぐる憲法構築 - 大林, 啓吾; オオバヤシ, ケイゴ; Ōbayashi, Keigo; Obayashi, Keigo
HOGAKU RONSHU(CHIBA JOURNAL OF LAW AND POLITICS)

18. 正閏再續論 - 山口, 道弘; ヤマグチ, ミチヒロ; Yamaguchi, Michihiro
HOGAKU RONSHU(CHIBA JOURNAL OF LAW AND POLITICS)

19. v-SrcによるMklp1, Aurora B, INCENPのスピンドルミッドゾーン上への集積阻害を介した分裂異常 - 添田, 修平; ソエダ, シュウヘイ; Soeda, Shūhei; Soeda, Shuhei
学位:千大院医薬博甲第医薬64号

20. The Chiba University international collaborative research ; 2012 - 千葉大学国際展開企画室
千葉大学の国際交流状況(概要);平成24年度」の132ページから148ページの英語による全項目版

Página de resultados:
 

Busque un recurso