Recursos de colección

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers (135.711 recursos)

HUSCAP (Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers) contains peer-reviewed journal articles, proceedings, educational resources and any kind of scholarly works of Hokkaido University.

060 ?????

Mostrando recursos 1 - 5 de 5

  1. ヒト膵癌におけるタンパク翻訳開始制御因子eIF4E発現の意義とeIF4E結合タンパク-1(4E-BP1)遺伝子導入およびラパマイシン併用による治療法の開発

    Mishra, Roshan
    『北海道医学雑誌』84(2), 2009年3月1日発行, pp.117-125に掲載されたもの
    - 09-feb-2018

  2. Novel ABCA12 mutations identified in two cases of non-bullous congenital ichthyosiform erythroderma associated with multiple skin malignant neoplasia

    Natsuga, Ken; Akiyama, Masashi; Kato, Naoko; Sakai, Kaori; Sugiyama-Nakagiri, Yoriko; Nishimura, Machiko; Hata, Hiroo; Abe, Masataka; Arita, Ken; Tsuji-Abe, Yukiko; Onozuka, Takashi; Aoyagi, Satoru; Kodama, Kazuo; Ujiie, Hideyuki; Tomita, Yuki; Shimizu, Hiroshi
    - 10-nov-2017

  3. 培養絨毛癌細胞株(BeWo)の熱感受性に関する基礎的研究

    佐川, 正
    絨毛癌細胞に対する,より効果的な加温条件を求めるため,種カの条件下でのBeWo株の細胞増殖およびβ HCG産生の変化を検討した.1.加温条件の違いによる効果について培養4日目に39℃,41℃,43℃に加温した.43℃,1時間施温時の効果は,39℃,120時間加温時と同程度でかつ41℃,24時間加温時より大きく,加温効果が43℃にて著しく増強することが明らかとなった.2.加温時期の違いによる効果について対数増殖期の4日目,5日目,6日目に43℃,1時間または3時間加温した.増殖抑制は4日目が最大で,加温開始時期が遅れるにつれて加温効果の減少が認められた.3.MTXと併用した場合の加温効果について培養4日目からMTX10^^<-7>Mを48時間添加し,加温(43℃,1時間)開始の時期は,MTX添加開始から除去後10時間までの種々の時期に設定した.その結果,併用効果はMTX添加開始後24時間から除去後4時間以内が最大であり,またβ HCGの産生は細胞増殖抑制効果の大きい穫高値を持続し,増殖抑制効果が小さくなるにつれて漸減することが示された.以上の結果,BeWoの熱感受性は43℃で急激に増大し,他の細胞株と同様の加温効果が期待できると思われる.またBeWoは対数増殖期の各時期およびMTX添加および除去後の時間により熱感受性が異たっており,細胞増殖速度の減少およびMTXによる細胞周期の変化が熱感受性の重要た因子となることをうかがわせた.また加温のみでは,β HCGの産生先進が認められなかったのに対し,MTXと併用した場合には,β HCGの産生光進が高値で持続した.これは,MTXによる効果と加温による効果が各々異なる機序により引き起こされることを示している.
    - 22-jun-2018

  4. 超高エネルギー用高空間分解能・高感度コリメータの設計について

    久保, 直樹
    小型被写体用超高エネルギー用コリメータの設計と作製を行った.作製したピンホールコリメータは,径0.6 mmで許容角度は13°であった.このピンホールから被写体までの距離と幾何学的感度,および距離と視野サイズの関係を計算した.次にガンマカメラに装着して18Fにおける総合空間分解能と総合感度を測定した.また超高エネルギー用コンバージングコリメータも設計した.ピンホールコリメータの計算結果は,距離を近づけると幾何学的感度は高くなったが,視野は狭まった. 測定した結果においてFWHMは2.4 mm,FWTMは9.5 mm,総合感度は6.8 counts sec –1 MBq–1であった.一方,コンバージングコリメータは視野の大きさの制限,視野周辺部の感度低下を受けないことが示唆された.このようにピンホールコリメータで超高エネルギーの高空間分解能撮像に成功した.またコンバージングコリメータの方は,臨床機への応用も可能と考えられた.
    - 16-jun-2018

  5. 解剖学と医学:今と昔

    井上, 芳郎
    2002年に総長、副学長、総長補佐によって遠友学舎で行われた一般市民を対象とした講演会(炉辺談話)で井上が話した内容である。解剖学の歴史、意義、医学との関わりをわかりやすく解説した。
    - 07-nov-2017

Aviso de cookies: Usamos cookies propias y de terceros para mejorar nuestros servicios, para análisis estadístico y para mostrarle publicidad. Si continua navegando consideramos que acepta su uso en los términos establecidos en la Política de cookies.