Recursos de colección

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers (135.711 recursos)

HUSCAP (Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers) contains peer-reviewed journal articles, proceedings, educational resources and any kind of scholarly works of Hokkaido University.

100 ?????

Mostrando recursos 1 - 18 de 18

  1. Stroboscopic Picosecond Pulse Radiolysis Studies of the Short Lived Cation Produced in Butylhalides

    Sumiyoshi, Takashi; Yamada, Tatsuya; Ohtaka, Akira; Tsugaru, Kazunori; Katayama, Meiseki

  2. ピコ秒パルスラジオリシスの研究

    住吉, 孝; 高橋, 嘉一; 沢村, 貞史; 片山, 明石

  3. ビーム停止時におけるLINACからの電子線漏洩

    沢村, 貞史; 宮嶋, 良樹; 住吉, 孝; 村井, 郁夫; 谷田, 弘明; 片山, 明石; 坂本, 三郎; 小澤, 保知

  4. A Stroboscopic Pulse Radiolysis System with a Time Resolution of Picoseconds

    Sumiyoshi, Takashi; Sawamura, Sadashi; Takahashi, Kaichi; Kuriyama, Keiji; Kondo, Yoshikazu; Katayama, Meiseki

  5. Generation of ultrashort optical pulses using multiple coherent anti-Stokes Raman scattering in a crystal at room temperature

    Matsubara, Eiichi; Sekikawa, Taro; Yamashita, Mikio
    We demonstrate Fourier synthesis of multiple coherent anti-Stokes Raman scattering signals in a LiNbO3 crystal at room temperature. The signals up to the 20th order (470-800 nm) were generated by two crossing femtosecond Ti:sapphire laser pulses. Angle dispersion of the signals was compensated into one white-continuum beam by modifying a conventional 4f configuration. Spectral phase of the signal was measured by spectral phase interferometry for direct electric-field reconstruction. Isolated pulses with 25 fs duration at 1 kHz were generated only by appropriately aligning the angle-dispersion compensator. This result opens the possibility of the generation of subfemtosecond pulses in the visible...

  6. 先生-園児関係から見た遊びと場の創造に関する研究 -札幌市の市立幼稚園をケース・スタディーとして-

    吉田, 祥子; 森, 傑; 奥, 俊信
    本論は、幼稚園における様々な遊びの中に見られる先生と園児の相互行為をエスノメソドロジー注1)の観点から詳細に記述することを通じて、先生と園児の協働注2)による場の創造注3)が、いかに遊びの成立と密接に結びついているのかを明らかにすることを目的とする。 幼児にとって、家庭とは異なる生活環境かつ初めての社会的環境である幼稚園や保育所における遊びは、幼児が他者と協調し合いながら自己を形成し社会性を獲得していく上で非常に重要とされる。園児の社会性獲得に関しては、佐藤将之らが遊び場面における園児の社会性獲得と物理的環境の相互関係について考察し、保育園・幼稚園の担う役割を明らかにするための基礎的研究に取り組んでいる1)。 一方、本研究の研究アプローチであるエスノメソドロジーに関しては、森傑が住環境デザインに関する一連の研究を通し、エスノメソドロジーをエスノメソッド(ethnomethod)の分析が主題となる理論的立場として理解することの重要性を論じている2)。 本論ではこれらの既往研究を踏まえ、札幌市の市立幼稚園における入園初期の園内活動を対象としたケース・スタディを通して、遊びを成立させている先生・園児の様々な「やり方」を、先生・園児の遊びのエスノメソッドとして捉えることで、先生-園児関係から見た遊びと場の創造に関する分析と考察を試みる。

  7. 札幌駅周辺の公共的トイレのアクセシビリティに関する評価とその手法 : 車いす利用者のトイレ利用に着目して

    佐川, 景子; 森, 傑
    The purpose of this research is to assess the accessibility of restrooms in daily life for elders and persons with disabilities around Sapporo station. We reviewed laws and guidelines for the barrier-free design in Japan and the United States, and also conducted the field check about the usability of public spaces. For considering the public capacity which is the accessibility as a seamless environment for persons' stay in downtown, we designed the check sheet and devised the method to examine whether or not restrooms meet users' needs in daily life based on these surveys . We concluded that the present state...

  8. 札幌市のモニュメンタル建築における視覚的様相の季節変化に関する研究

    畠山, 雄豪; 奥, 俊信; 森, 傑
    This research explores the changing appearance of color of architecture. Different seasons create different appearances. The purpose of this research is to demonstrate the changing appearance of color by comparing architecture between summer and winter in Sapporo city. The aspect of visual phenomena, such as color and light, can be understood by analyzing the appearance of architectural spaces. This research aims to clarify the phenomenon about appearance of color of architectures in northern city.

  9. Sn-Ag-Al系合金はんだを用いたC-BGA接合の熱疲労特性評価

    田中, 順一; 鈴木, 直人; 成田, 敏夫
    携帯電話を代表とした電子機器は近年小型化が急速に進むに伴い、BGA(Ball Grid Allay)及びCSP(Chip Size Package)等の高密度実装が用いられてきている。加えて、バンプの微細化が進行しており、はんだ接続部の信頼性に対する要求はますます厳しくなっている。 電子機器の使用時において、BGA接合部はチップの発熱及び放熱によって、熱サイクル環境下に曝される。特に自動車向け搭載機器では、より厳しい熱サイクル環境下に置かれることになる。従って、耐熱疲労特性の向上は、はんだ接続部の信頼性向上を目指す上で必要不可欠な課題であると考えられる。 現在、熱サイクルに対して信頼性の高い鉛フリーはんだとして、Sn-Ag-Cu系はんだが用いられつつあるが接合基板の種類やバンプ形態によっては、必ずしも高信頼性を得られない。本研究室では、過酷な熱サイクル条件下に置かれる実装機器への使用を想定した鉛フリーはんだ合金の研究を進めている。著者らは以前に、絶縁基板としてセラミックスを、ベース基板としてCuを用いたパワーモジュール接合について熱サイクル試験を実施し、Sn-Ag-Al系合金がSn-Ag-Cu系はんだと比較して優れた熱疲労特性を示すことを報告している(1)。 本研究では、熱膨張係数の違いが大きい基板同士の接合により、はんだ接合部に負荷される熱応力が多大となるC-BGA接合にSn-Ag-Al系合金はんだを用いて熱サイクル試験を実施した。その結果を、Sn-Ag-Cu系はんだを用いた場合の結果と比較・検討することにより、Sn-Ag-Al系合金はんだの熱疲労特性を評価した。

  10. 鉛フリーSn-低In-Al系はんだ組織と熱疲労特性の評価

    水野, 宏紀; 鈴木, 直人; 田中, 順一; 成田, 敏夫
    従来より使用されてきたSn-Pb共晶はんだは、鉛の人体への有害性を問題化し、2006年には欧州での使用が禁止される。現在、世界的に鉛フリーはんだの開発が進められ、Sn-3Ag-0.5Cuが日本において有力な代替はんだとして用いられているが、過酷な環境下での熱疲労性や衝撃特性に劣るなどの問題が指摘されている。 大型のパワーモジュール接合は、放熱性を第一に材料が選定される為に、熱膨張係数の大きく異なる材料が接合される場合があり、温度サイクルが負荷されると基板が反り、はんだ接合部に多大な熱応力が発生する(1)。当研究室では、これまで温度サイクルに対して信頼性の高いはんだ合金の開発を目指しており、Sn-Ag-Al系合金を有力なはんだ材料として提案している(2)。しかしながら、Sn-Ag-Al系は金属間化合物を形成する系であることから、新たな材料として単相組織を形成するSn-低In系合金に着目した。 本研究では、Sn-低In系の実装凝固時の組織観察、及び微量Al添加した時の組織形成の検討を行った。また、基板からのCu溶解の抑制として、はんだ中へのNi添加の効果について検討した(3)。作成したSn-In-Al系合金をパワーモジュール接合に適用し、温度サイクル試験を実施し、クラックの進展距離から熱疲労特性の評価を行った。

  11. WC-Ni超硬合金の溶接残留応力に関する研究

    落合, 宏
    WCは代表的な超硬合金である.WC粉末の結合金属としてコバルト CoやニッケルNi粉末を添加し焼結すると,硬度とともに強度にも優れたWC超硬合金が得られる.焼結した超硬合金チップの応用例として最初は切削工具であった.焼結方法の改良とともに,形状も小型ではあるが種々の形状の超硬合金ができるようになり,ダイスやロールなどの耐磨耗工具に応用されるようになった.広い摺動面に採用する場合には,多数の超硬合金チップを摺動面に接合する必要がある.接合には,ろう付けが一般的であるが,強度の面では溶接のほうが当然優れている.しかし,結合金属割合の低い超硬合金チップを鋼の部材に直接溶接すると,溶接割れが生じてしまう.超硬合金の溶接性を向上させるには,適切な割合の結合金属を選定しなければならない.しかし,この方法では超硬合金の硬度を低下させる恐れがある.そこで,作動表面は高硬度かつ高強度,接合部は溶接性が優れた性能を有する傾斜組成材料を開発することが期待される.このような場合でも,超硬合金を溶接すると熱物性の違いによる熱応力が発生し,溶接割れの生じる危険性がある.溶接後完全に冷却されたときに存在する応力分布が残留応力であり,残留応力を測定すると,溶接熱応力を推定することができる.溶接残留応力測定は,溶接割れの対策に結びつく重要な測定方法である.結合金属割合と残留応力の関係を明らかにすることが,傾斜組成超硬合金開発のために不可欠である.また,超硬合金の結合金属としては,Coが代表的に用いられてきたが,特に非磁性体や耐食性が要求される場合にはNiを使うことも多い.近年経済的理由からCoより安価なNiが注目されている.しかし, WC-Ni超硬合金に関する報告は非常に少ない.以上のことから本論文では,溶接割れを残留応力の観点から捉え,WC-Ni超硬合金の結合金属割合を種々に増加させて溶接実験および残留応力測定を行い,併せてその実験のシミュレーション解析手法を検討する.この結果から結合金属割合と残留応力の大きさとの関係を把握し,超硬合金の溶接性を論ずるとともに,今後の傾斜組成超硬合金の設計指針を整理する.溶接残留応力の測定には非破壊測定方法として最も一般的なX線を用いる.しかし,超硬合金のX線溶接残留応力測定には解決されていない問題がある.溶接部は溶接熱の影響を受け,材料が非均質となっているので,X線応力測定が困難または測定精度の低下が考えられる.最も溶接割れに重要なのが溶接部の残留応力値であり,この領域の応力値の精度が低いままでは,測定そのものの意義が問われることとなる.そのため,従来の測定法に対して,二つの改良案を提唱し,残留応力測定に対する有効性を論ずる.最初に,固有ひずみ法を用いてX線残留応力分布を求める.固有ひずみとは溶接時によって生じた溶接部の塑性ひずみである.溶接部の固有ひずみの大きさが決定できると系全体の残留応力分布が求められる.Ⅹ線測定と組合わせた固有ひずみ法を用いると,溶接部の残留応力分布の信頼性が向上する.改良点のもうひとつは,測定点の応力値を,その点に関するすべてのX線回折角ピーク値を用いて応力値を決定する,多軸ひずみ測定法を新たに開発したことである.従来の方法では測定不可能と判断されるような場合にも,有効な残留応力値が決定できる方法である. X線残留応力測定の改良とともに,残留応力解析にも新たに工夫を加えた.ほとんど報告されたデータがないWC-Niの材料定数を100%WCおよび100%Niの材料定数から補間するモデルおよび計算式を示した.以上の実験および解析結果からWC-Niの溶接残留応力に関するデータが得られ,溶接可能な条件を得ることができた.

  12. Quasi-automatic phase-control technique for chirp compensation of pulses with over-one-octave bandwidth-generation of few- to mono-cycle optical pulses

    Yamashita, Mikio; Yamane, Keisaku; Morita, Ryuji
    This paper introduces our self-recognition type of the computer-controlled spectral phase compensator (SRCSC), which consists of a greatly accurate phase manipulator with a spatial light modulator (SLM), a highly sensitive phase characterizer using a modified spectral phase interferometry for direct electric field reconstruction (M-SPIDER), and a computer for phase analysis and SLM control operating in the immediate feedback (FB) mode. The application of the SRCSC to adaptive compensation of various kinds of complicated spectral phases such as nonlinear chirped pulses with a weak intensity, induced-phase modulated pulses, photonic-crystal-fiber (PCF) output pulses, and nonlinear chirped pulses exceeding a 500-rad phase variation...

  13. Time Domain Wake Field Computation With Boundary Element Method

    Fujita, Kazuhiro; Kawaguchi, Hideki; Zagorodnov, Igor; Weiland, Thomas
    We describe and demonstrate a time-domain boundary-element method for numerical computation of wake fields. The accelerator structure is modeled with a surface mesh, and the wake field is easily split from the self fields of the source particles. The formulation for three-dimensional structures is introduced first, followed by two formulations for axisymmetric structures. We briefly describe methods for computing the wake potential in a boundary-element code. Finally, we compare the fully axisymmetric formulation with codes based on the finite integration technique (FIT). The other two formulations are demonstrated with modest examples.

  14. Phosphorus Recovery from municipal wastewater sludge by adding phosphatase and citric acid as catalyst

    Jitthep, Prasityousil; Watanabe, Yoshimasa; Tadano, Toshiaki
    第5回衛生工学シンポジウム(平成9年11月6日(木)-7日(金) 北海道大学学術交流会館) . 1 計画・展望 . P1-10

  15. Nonresonant femtosecond second hyperpolarizabilities of intramolecular charge-transfer molecules with great excited- and ground-state dipole-moment differences

    Yamashita, Mikio; Kikuma, Shinji; Yamaoka, Yoshihisa; Murakami, Hidetoshi; Morita, Ryuji; Shigekawa, Hidemi
    The femtosecond second hyperpolarizability due to the nonresonant electronic polarization for two intramolecular charge-transfer molecules, 6-propionyl-2-dimethylamino naphthalene and 2-anilinonaphthalene-6-sulfonic acid which possess the great permanent dipole-moment difference between the excited state and the ground state, is obtained from the measurement of the ultrafast change in refractive index using a time-resolved interferometer. It is found that the second hyperpolarizability increases parabolically from 5 × 10–34 to 4.3 × 10–32 esu with increasing the dipole-moment difference from 7.7 to 40 D, and this quantitative relationship is well explained by a quantum-mechanical equation describing the electronic second hyperpolarizability of one molecule with the...

  16. Generation of monocycle-like optical pulses using induced-phase modulation between two-color femtosecond pulses with carrier phase locking

    Yamashita, Mikio; Sone, Hiroyasu; Morita, Ryuji; Shigekawa, Hidemi
    Detailed numerical analysis of monocyclical optical pulse generation using induced-phase modulation between two-color carrier-phase-locked femtosecond pulses is presented. For the generation of a short pulse with a quasi-linear chirped white-continuum spectrum, it is found to be important that the large spectral broadening of each input pulse after fiber propagation is as similar as possible and the total spectral intensity of the synthesized wave at the fiber output is as homogenous as possible. As a result, it is shown that a 2.2-fs 1.3-cycle pulse is generated

  17. Site-selective silicon adatom desorption using femtosecond laser pulse pairs and scanning tunneling microscopy

    Futaba, D. N.; Morita, R.; Yamashita, M.; Tomiyama, S.; Shigekawa, H.
    We performed an experimental study of silicon adatom desorption from the Si(111)-737 surface using femtosecond laser pulse pair excitation with 80 fs pulse duration, 800 nm center wavelength, 300 mW average power, and a 100 MHz repetition rate. Using scanning tunneling microscopy, we directly recorded the desorption characteristics at each delay setting for each of the four adatom binding sites. The study revealed a preferential dependence between the delay time and the adatom sites within a 66.6–1000 fs delay range.

  18. Nonlinear propagation analysis of few-optical-cycle pulses for subfemtosecond compression and carrier envelope phase effect

    Mizuta, Yo; Nagasawa, Minoru; Ohtani, Morimasa; Yamashita, Mikio
    A numerical approach called Fourier direct method (FDM) is applied to nonlinear propagation of optical pulses with the central wavelength 800 nm, the width 2.67–12.00 fs, and the peak power 25–6870 kW in a fused-silica fiber. Bidirectional propagation, delayed Raman response, nonlinear dispersion (self-steepening, core dispersion), as well as correct linear dispersion are incorporated into "bidirectional propagation equations" which are derived directly from Maxwell's equations. These equations are solved for forward and backward waves, instead of the electric-field envelope as in the nonlinear Schrödinger equation (NLSE). They are integrated as multidimensional simultaneous evolution equations evolved in space. We investigate, both...

Aviso de cookies: Usamos cookies propias y de terceros para mejorar nuestros servicios, para análisis estadístico y para mostrarle publicidad. Si continua navegando consideramos que acepta su uso en los términos establecidos en la Política de cookies.