Recursos de colección

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers (135.521 recursos)

HUSCAP (Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers) contains peer-reviewed journal articles, proceedings, educational resources and any kind of scholarly works of Hokkaido University.

?69?

Mostrando recursos 1 - 18 de 18

  1. ショウジョウバエにおける抗菌ペプチドの分子進化

    瀬戸, 陽介; 小山, あずさ; 田村, 浩一郎
    抗菌ペプチドはショウジョウバエにおいて主要な生体防御機構の一つであり, キイロショウジョウバエでは, これまでに7種類が同定されている. これら抗菌ペプチドは種類によって活性を示す対象の微生物が異なり, バクテリアに対して強い抗菌活性を示すものや真菌類に強い抗菌活性を示すものが知られている. 様々な研究から, 抗菌ペプチドは, 個体レベルでは個体の微生物に対する抵抗性に大きく影響することが, 遺伝子レベルでは種類によってその分子進化パターンが異なることが明らかとなっている. そこで, 本稿では抗菌ペプチドの分子進化と抗菌活性や個体での抵抗性との関わりについて論じる.

  2. ハシリショウジョウバエにおける遺伝子組換え系統の確立

    島田, 公夫
    ハシリショウジョウバエの一種, Chymomyza costataは北半球の冷温帯と亜寒帯に広く分布し, ショウジョウバエ科の中では珍しく, 幼虫で休眠し越冬する. 幼虫休眠の誘導には短日が有効で, 札幌産では臨界日長が14時間付近にある. 臨界日長はどのように計られるのだろうか? 「光周反応の測時機構に概日時計が関わっている」というBünning(1936)の仮説があり, この証明を目指して行ったC. costataにおける遺伝子組換え実験の概要を紹介する. ターゲットにした遺伝子はtimelessで, piggyBacと呼ばれるトランスポゾン由来の遺伝子組換えベクターを介して, timelessの強制発現系統やノックアウト系統を確立した.

  3. ショウジョウバエの耐寒性と膜脂質

    後藤, 慎介
    ショウジョウバエの耐寒性の獲得にかかわる生化学的なメカニズムを探るため, キイロショウジョウバエの低温麻痺からの回復が早い系統(CR), 遅い系統(CS), 中間的な系統(CTL)を人為選択あるいは自由交配によって作製した. これらの系統から生体膜の流動性にかかわるリン脂質を抽出し, 脂肪酸の組成をガスクロマトグラフィーによって調べたところ, 系統間で大きな違いが見られた. 耐寒性の獲得・喪失にこれらリン脂質脂肪酸の変化がどのように関わっているのかについて議論する.

  4. 昆虫群集組成解析への変性剤濃度勾配ゲル電気泳動(DGGE)法適用の試み

    胡, 耀光; 戸田, 正憲
    微生物生態学で, 環境中のメタゲノムから直接バクテリア群集を調べるために使われている変性剤濃度勾配ゲル電気泳動(DGGE)法を, 近年その必要性が強く認識され, いろいろな取り組みが行われている生物多様性観測において, 大量のサンプルを処理(種同定)しなければならないことが多い昆虫群集に適用できるかどうか, ショウジョウバエ類を材料としてテストした. その結果, PCR増幅段階でのバイアスが避けられず, PCR-DGGE法は, 限られた条件のもとでの適用(例えば, 構成種が既知のある範囲に限られた群集の種組成の解析・比較など)は可能ではあるものの, 網羅的な生物多様性観測のための新しい手法としては問題があることがわかった.

  5. キノコ食ショウジョウバエ類とその寄生性センチュウとの関係

    萬屋, 宏
    キノコ食ショウジョウバエ類に対するセンチュウの寄生が北米, ヨーロッパなどで調査され, その効果はショウジョウバエ種間及び地域間で大きく異なることが報告されている. 今回, 北海道大学苫小牧研究林において4年間, キノコ上のショウジョウバエ成虫を採集し, センチュウによる寄生の有無と, 寄生が蔵卵数に及ぼす影響を調べた. その結果, 寄生率はショウジョウバエ種間, 季節間, 年次間で大きく異なること, 寄生はどのショウジョウバエ種においても不妊化をもたらすことが明らかになった. また, ショウジョウバエ種の相対頻度と寄生率間には相関は認められなかった. このことは, ショウジョウバエ類の共存へのセンチュウ寄生の寄与は大きくないことを示している.

  6. Faunal and seasonal surveys on drosophilid flies by net sweeping in Ehime Prefecture, Shikoku, Japan

    Katoh, Takahiro K.; Watada, Masayoshi
    A faunal survey on drosophilid flies by net sweeping was carried out in Ehime Prefecture, Shikoku, Japan from October 2009 to October 2010. A total of 11,663 individuals of 54 species belonging to 15 genera were collected by the year-round samplings at two localities, Dogo Park and Mt. Miyukiji, and occasional ones at another site in Matsuyama. The most abundant species was Liodrosophila aerea (49%), followed by Drosophila rufa (17%), D. lutescens (9.6%), D. sternopleuralis (4.0%) and D. bizonata (3.8%). The six dominant species showed more or less similar patterns in seasonal population fluctuation, being abundant in spring and/or fall...

  7. 小笠原諸島におけるショウジョウバエ相の変遷と新たな侵入種

    和多田, 正義; 布山, 喜章; 田辺, 慎一; 渡部, 英昭; 吉岡, 伸也; 戸田, 正憲
    海洋島である小笠原諸島におけるこれまでのショウジョウバエ研究を概説するとともに, ショウジョウバエ相の変遷について議論した. また, 1998年11月に1990年の調査から8年ぶりに父島と母島で行なった調査の結果を報告した : (1)バナナトラップとスウィーピングにより, 父島から6属13種11,779個体, 母島から7属14種15,178個体のショウジョウバエが採集された ; (2)Drosophila hypocaustaが初めて小笠原諸島から記録され, D. simulansに次ぐ優占種(父島で総採集個体数の19.4%, 母島で9.6%を占めた)であった.

  8. Structure and diversity of drosophilid communities in special relation to the three-dimensional structure of forest

    Toda, Masanori J.; Tanabe, Shin-ichi; Akutsu, Kosuke
    This paper reviews previous works on the vertical distributions of drosophilid flies in various forests ranging from the tropics to the subarctic region, especially along the Asian Green Belt, and addresses relationships between forest structure and drosophilid diversity on various spatial scales from the global to forest-stand ones, based on the data obtained by comparable, standardized collecting methods. The structure-diversity relationships show that on any spatial scales, more complex foliage structure contributes to the higher beta diversity along the vertical dimension and in consequence to higher species diversity in the whole community. Thus, the spatial habitat heterogeneity should be an...

  9. An evolutionary view on courtship behavior of Drosophila : From a comparative approach

    Wen, Shuo-Yang; Li, Yi-Feng
    Courtship behavior is highly divergent in Diptera, especially in Drosophila. The typical courtship of Drosophila melanogaster is an elaborate repertoire including elements of orienting, tapping, scissoring, circling, wing-vibrating, licking and attempting to copulate, in which males and females send and receive visual, chemical, tactile and acoustic signals from each other. The divergence of courtship behavior reflects the phylogeny to some extent. Loss or gain of certain elements, which cause qualitative differences in courtship behavior among species, are very common in Drosophila. On the other hand, rapid quantitative changes in sexual signals tend to occur between sympatric, closely related species but...

  10. Courtship of Drosophila, with a special interest in courtship songs

    Tomaru, Masatoshi; Yamada, Hirokazu
    This paper reviews the courtship behaviour of Drosophila, focusing on courtship songs and types and patterns of sounds in a variety of species with regard to phylogeny. Courtship song is one of the most important signals from males to females during courtship. In most species, males emit one or two types of courtship song, such as a pulse song and a sine song. Some species produce two types of pulse songs, some a pulse song and a sine song, and others a pulse song but no sine song. In the montium species subgroup of the Drosophila (Sophophora) melanogaster species group,...

  11. Fluctuating asymmetry in Drosophila

    Vishalakshi, Chavali
    Fluctuating asymmetry (FA) or subtle differences between left and right sides of a trait has been considered as an indicator of an organism's ability to cope with genetic and environmental stresses during development. It is considered to play an important role in mate choice. However, over four decades of work on various organisms such as insects, reptiles, birds and mammals has left the field with no clear-cut relationship between increased fluctuating asymmetry and stress due to inconsistency in the results. Despite this, fluctuating asymmetry is still assumed to indicate developmental instability caused by various perturbations (either genetic and/or environmental in...

  12. キイロショウジョウバエ種群における交尾器形態の進化 : その機能研究に関するレビュー

    上村, 佳孝; 三本, 博之
    動物の交尾器, 特にオス交尾器の形態は, 他の形態形質よりも進化・多様化が速い傾向にあり, その機構について議論が続いている. 本稿では, モデル生物であるキイロショウジョウバエを含むキイロショウジョウバエ種群について, 交尾器形態の機能とその進化に関わる研究についてレビューした. オス交尾器による創傷行動の発見により, 従来の研究では見出されてこなかった, オス交尾器に対応した多様性がメス交尾器の側にも同定されるようになった. しかし, メス交尾器の多様性は, 柔軟な膜質構造の形態変化によるものが多い. 交尾時の雌雄交尾器の対応関係の把握は, そのような旧来の手法では観察の難しい構造の特定を容易にし, 種間比較や操作実験による機能の研究に足がかりを与える. そのため手法の一つとして, 交尾中ペアを透明化する技術を紹介し, 本種群が交尾器研究のモデル系となる可能性を示す.

  13. Chromosomal variation of the leaf-mining Liodrosophila castanea (Diptera, Drosophilidae), with the results of crossing experiments

    Watabe, Hideaki; Asaka, Michie
    Chromosomal variation was found in three insular populations of Liodrosophila castanea (Diptera, Drosophilidae). Both Yakushima and Okinawa strains possessed 2n=12 chromosomes, 5 pairs of acrocentric autosomes and sex chromosomes, in the metaphase plates of larval brain cells. Of them a pair of middle-sized autosomes were heteropyknotic from the prophase to early metaphase during the cell division. Tsushima strain had 2n=10 chromosomes, 4 pairs of acrocentric autosomes and sex chromosomes. All nuclear plates of Tsushima strain contained small supernumerary chromosomes ranging from 2 to 9 in number and lacked any heterochromatic autosome. Morphologically, any discriminative character was not found between different...

  14. 逆位と遺伝子多型から追うアナナスショウジョウバエ亜群の種分化

    松田, 宗男
    アナナスショウジョウバエ亜群における種分化を染色体変異と塩基配列に基づき検討した. Drosophila bipectinata complex内の4種の関係は, 染色体変異に基づく分岐図と分子レベルの分岐図が一致した. しかし, D. ananassae complex では染色体変異に基づく分岐図が分子レベルのものと一致しなかった. これは種分化後に種間交雑があり, 遺伝子流動が生じたことを示唆する. 古典的な染色体多型の分岐図をもとに塩基配列情報の解析を行うことにより, より詳細な系統関係が推定でき, 遺伝子の種間移入の歴史が推測できる.

  15. Molecular phylogeny of the cristata species group of the genus Colocasiomyia (Diptera: Drosophilidae)

    Takano, Kohei Takenaka; Suwito, Awit; Gao, Jian-jun; Yin, Jian-tao
    Flies of the Colocasiomyia cristata species group depend their life cycles on specific host plants of the family Araceae and play important roles as species-specific pollinators in return. A pair of 'stamenicolous' and 'pistillicolous' species cohabit in the same inflorescence and such pairs have been reported from different host species and different geographical regions. To understand the evolution of host selection and cohabitation and the divergence between stamenicolous and pistillicolous species in the C. cristata group, we conducted molecular phylogenetic analyses. The mitochondrial ND2 sequences (maximum 858 base pairs) of 27 OTUs were analysed. Phylogenetic relationships reconstructed by the neighbour-joining,...

  16. ギンガショウジョウバエ属(双翅目, ショウジョウバエ科)に関する系統分類研究の現状

    近藤, 雅典
    ギンガショウジョウバエ属は, 頭部から胸部にかけて特徴的な銀白色縦条を持っており, そのため, 同様に銀白色縦条を持つトゲアシショウジョウバエ属との分類の混乱が見られた. そこで, 本稿では, まずギンガショウジョウバエ属の分類変遷について概観し, トゲアシショウジョウバエ属との分類の混乱の実態を明らかにした. 次に, これまでのショウジョウバエ科のいくつかの系統仮説を紹介し, 本属および, これまでに類縁が示唆された属との系統関係について考察した. さらに, 銀白色縦条が非相同形質であることを明らかにしたYassin et al.(2010)の研究を紹介し, 最後に, ギンガショウジョウバエ属の今後の研究の方向性を示した.

  17. ショウジョウバエ分子系統学研究の最前線

    加藤, 徹
    ショウジョウバエ科の系統関係については古くから注目され, これまでにいくつかの古典的な研究が知られている. 中でも, Throckmortonは1975年に内部形態や地理的分布などに基づいたショウジョウバエ科の系統に関する仮説を提唱し, 多くの研究者に広く受け入れられてきた. しかし, その後, Grimaldi(1990)は数多くの外部形態を用いて分岐学的解析を行い, Throckmortonの説と大きく異なる仮説を提唱した. それ以来, ショウジョウバエ科の系統関係を分子系統学的見地から再検討しようとする試みが, これまで数多くなされている. 興味深いことに, 分子系統解析に基づく最近の研究結果は, 後から提唱されたGrimaldiの仮説よりも, むしろ古典的なThrockmortonの仮説に近い傾向にある. しかしながら, ハワイ産ショウジョウバエを含むいくつかの重要な分類群の系統関係については, 分子系統解析から, 両者何れの仮説とも異なる独自の見解が新たに得られている. 本稿では, ショウジョウバエにおける最近の分子系統学研究の結果を概説するとともに, ショウジョウバエ系統学の今後の展望について議論する.

  18. はじめに

    戸田, 正憲

Aviso de cookies: Usamos cookies propias y de terceros para mejorar nuestros servicios, para análisis estadístico y para mostrarle publicidad. Si continua navegando consideramos que acepta su uso en los términos establecidos en la Política de cookies.