Recursos de colección

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers (135.521 recursos)

HUSCAP (Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers) contains peer-reviewed journal articles, proceedings, educational resources and any kind of scholarly works of Hokkaido University.

vol. 12 no. 2

Mostrando recursos 1 - 3 de 3

  1. 12巻2号目次


    - 21-oct-2017

  2. 入院時におけるうつ病患者の家族の心理的反応

    伊藤, 亜希子; 菊地, 拓樹; 佐藤, 知香; 片丸, 美恵; 村上, 新治
    本研究の目的は、入院時におけるうつ病患者の家族の心理的反応を明らかにし、家族に対する効果的な看護援助を検討することである。対象は、精神病院の退院間近または退院直後のうつ病患者の家族で、入院時の状況に関する質問紙調査を行った。収集したデータは質問項目ごとに単純集計し、百分率で算出した。その結果、入院時の家族は患者への接し方の困難を抱えており、疲労困憊していることがわかった。また、患者が入院したことによる安堵の気持ちがあると同時に今後への不安を抱えていた。しかし、患者を支えたいという決意も見られた。これらにより看護援助として1)患者家族にとっても休息が重要な時期であることを伝え、休息を促すと同時に、不安を表出できるような場を設定していくこと、2)家族が患者の支え手としての役割を果たせるように、支えたいという思いを支持し、家族の生活史や考えを情報収集し、ケアに生かしていくことが挙げられる。
    - 21-oct-2017

  3. うつ病者の職場復帰 : 従業員の意識と支援

    土居, 史佳; 宮田, 寛子; 片丸, 美恵; 村上, 新治
    [目的]うつ病者を受け入れる職場体制と、受け入れる立場にある従業員の意識を明らかにし、うつ病者を受け入れる従業員に対する支援を検討する。[方法]北海道内の民間企業8社の従業員400名に対して質問紙調査を実施した。[結果]1)うつ病への関心は高いが、正しい知識をもっていると自任している者は少なかった。2)心の健康問題に対する企業の取り組みの具体的内容は、「相談」が最も多かったが、従業員が求める支援では「関わり」をあげる者が多かった。3)職場の悩みや心配事を相談する相手は「家族」「上司」と回答した者が多かった。[考察]1)うつ病者を受け入れる立場の従業員にうつ病の知識の教育が重要である。2)うつ病当事者からの相談だけでなく、受け入れる従業員からの相談を受ける体制も重要である。3)職場の悩みや心配ごとを相談する相手として「家族」「上司」をあげる者が多く、受け入れる従業員とりわけ上司にあたる人たちへのサポートが必要である。
    - 21-oct-2017

Aviso de cookies: Usamos cookies propias y de terceros para mejorar nuestros servicios, para análisis estadístico y para mostrarle publicidad. Si continua navegando consideramos que acepta su uso en los términos establecidos en la Política de cookies.