Recursos de colección

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers (130.615 recursos)

HUSCAP (Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers) contains peer-reviewed journal articles, proceedings, educational resources and any kind of scholarly works of Hokkaido University.

?4? = No.4

Mostrando recursos 1 - 7 de 7

  1. 2010年度開催北方研究教育センターフォーラムおよび講演会

    永山, ゆかり

  2. 北海道大学北方研究教育センター(編) 『知里真志保人と学問』

    田村, 将人

  3. 北村清彦(編著) 『北方を旅する:人文学でめぐる九日間』

    笹倉, いる美

  4. An Udihe Folktale Text: “Solomo and Tausima”

    Tsumagari, Toshiro
    ここに紹介するのは、A.カンチュガ氏によるウデヘ語自伝テキスト第2巻に収められた民話 (nima ku)の1篇である。原著者自身によるロシア字表記と録音をもとに、ローマ字音韻表記にあ らため、文法分析と英訳を加えた。話のあらすじは次のとおり: ソロモという若者が嫁をもらったが、この嫁の正体はキツネで、あるとき夫を槍で刺し殺し、 棺に入れて川に流す。棺は途中二度にわたり、下流に住む女の岸に流れ着くが、いずれもかかわ りを嫌った女たちによって流れに押し戻されてしまう。三度目にたどり着いた岸で、タウシマと いう女に引き上げられるが、棺の中には髪の毛と小指しか残っていなかった。彼女はみずから シャーマンの儀式を行って、三日後に若者の身体と命を取り戻す。二人は一緒に暮らし始め、や がて結婚して、ソロモの両親のいる故郷の上流に向かって漕ぎ出す。途中で例の二人の女のもと に寄るが、事情を知って悔んだ女たちはそれぞれ首をくくってしまう。故郷の近くでもとの妻で あるキツネに出会い、彼女がソロモの幸せを願いながら両親の面倒を見ていたことを知る。タウ シマとともに両親のもとに帰り、四人で暮らし始める。ソロモとタウシマは長生きしてたくさん の子どもに恵まれた。

  5. ウイルタ語調査報告

    風間, 伸次郎
    本稿は3つの部分よりなる。1節では、調査のあらましについて述べる。2節では、コンサルタ ントより伺った人類学的な情報を示す。3節では短いウイルタ語のテキストを1つ示す。短期間で の調査であり、拙い報告となってしまったが、他にない情報が少しでも得られていれば幸いである。 誤謬等の御指摘を乞う。 The northern dialect of Uilta is spoken on northern Sakhalin. This paper consists of three parts:§1.a brief report on the fieldwork;§2.ethnological information by elicitation;§3.a small text. The topics of ethnological information are about reindeer breeding, fishing, stockfish and so on. The text is told by E.A.Bibikova (born in Daagi, 1940). The content of the text is a memory of her childhood.  

  6. ウイルタの振楽器「ヨードプ」 : 復元工程についてのウイルタ語北方言テキストを中心に

    山田, 祥子
    This article aims to introduce a type of musical instrument of the Uilta (an indigenous people on Sakhalin Island;their traditional language Uilta belongs to the Tungusic languages) called joodopu, which is shaken in each hand to produce sounds. The first half (Chapter 1)of this article describes an introductory study on the instrument joodopu based on literatures and some interviews. Joodopu was described by Magata (1981) and Ikegami (1982, 1997) according to their investigations on the southern group of the Uilta, who lived in Poronai region during the period of Japanese domination. Whereas the northern group of the Uilta seems to have used the common instrument until 1940s,they...

  7. 1857~1859年における箱館奉行による種痘の再検討

    永野, 正宏
    The Hakodate magistrate (bugyo) vaccinated the Ainu people for smallpox during the period from 1857 to 1859. Previous studies state that the Ainu people fled to the mountains for fear of the smallpox vaccination. This paper aims to clarify the actual situation that led to the Ainu people fleeing to the mountains and the factors that caused it. In section I, I studied all resources concerning the above-mentioned situation in previous studies. My research shows that the fleeing of the Ainu people to the mountains was recorded only in four places (yamukusinai, mororan, yuuhutu, and horobetu in east Ezo). In section II,I examined other resources concerning the...

Aviso de cookies: Usamos cookies propias y de terceros para mejorar nuestros servicios, para análisis estadístico y para mostrarle publicidad. Si continua navegando consideramos que acepta su uso en los términos establecidos en la Política de cookies.