Recursos de colección

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers (130.615 recursos)

HUSCAP (Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers) contains peer-reviewed journal articles, proceedings, educational resources and any kind of scholarly works of Hokkaido University.


Mostrando recursos 1 - 16 de 16

  1. 編集後記

  2. 小特集 どう活かす, 電子書籍 : ~ウェブメディアで拓く科学技術コミュニケーション~

  3. 科学技術コミュニケーションと大学広報 : 「ノーベル賞受賞」後の情報発信に取組んだ体験から考える~

    杉山, 滋郎

  4. 体感を通じて「気づき」の瞬間を創出する科学教育コミュニケーション手法の開発 : NHK教育フェア「音モダチがやってくる!」より

    林, 一輝; 吉田, 拓也; 松本, 康男; 軸屋, 亮太; 佐藤, まゆみ; 佐藤, 典子; 田中, 謙一郎; 朴, 正義; 岡本, 美津子; 村松, 秀

  5. 原発をめぐる情報伝達に関する意見交換会から得られたコミュニケーションギャップ

    白井, 哲哉; 水町, 衣里; 加納, 圭; 黒川, 紘美; 仲矢, 史雄; 元木, 環; 塩瀬, 隆之

  6. 科学と社会をつなぐ組織の社会的定着に向けて : 英国からの教訓

    吉澤, 剛; 山内, 保典; 東島, 仁; 中川, 智絵
    Science communication now needs extending its activities to engage more various actors in intermediary organization linking science and society. Through a comparative analysis of 4 intermediaries in the UK, including the British Science Association (BA), Sciencewise-ERC, the National Endowment for Science, Technology and the Arts (NESTA), and the Research Information Network (RIN), this article first illustrates the variety of linking in these intermediaries as a motto like "from science to society / from society to science", "dialogue between science and society for policy", "science for society", and "science community as society". It then draws some lessons for the institutionalization and...

  7. サイエンスコミュニケーションのプロセスを可視化するイベント設計 : 「対決! サイエンス大喜利」の実践事例

    内田, 麻理香; 長神, 風二; 佐倉, 統

  8. 研究所の情報発信のためのサイエンスカフェの活用とその効果 : 北海道農業研究センター「クラークの丘から」の実践報告

    信濃, 卓郎

  9. 研究所の事務部門における科学コミュニケーション : 「世界トップレベル研究拠点」における事務改革と科学リテラシー向上の試み

    坂野上, 淳

  10. サイエンスコミュニケーションデザインを支える知のネットワーク : 英国National Network of Science Learning Centres調査報告

    都築, 章子; 楠見, 孝; 鳩野, 逸生; 鈴木, 真理子

  11. アクセス解析より見る, ノーベル化学賞の受賞をめぐるCoSTEPの情報発信の分析 : サイエンスコミュニケーションにおける情報発信の速さに関する考察

    竹本, 寛秋
    From doing access analysis, the effect of the CoSTEP's information dispatch about Akira Suzuki (Emeritus Professor at Hokkaido University), one of the winners of the Nobel Prize in chemistry 2010, was examined. At the result, although such a high impact topic generally falls in interest rapidly after goes up, I demonstrated that the information dispatch strategy of CoSTEP had the effect for re-raising the interest to the Nobel Prize topic. In this paper, I analyzed why the strategy for re-raising the public interest succeeded. In addition, the tendency of the access log when the interest was re-raised and the browsing...

  12. iPS細胞のインパクトは社会にどのように受けとめられたか : 科学研究に対する科学者・報道機関・人々の注目の違い

    蔦谷, 匠; 安藤, 康伸; 飯田, 有希; 井上, 志保里; 貴舩, 永津子; 小寺, 千絵; 近藤, 菜穂; 猿谷, 友孝; 豊田, 丈典; 中村, 史一; 宮武, 広直; 渡邉, 俊一; 横山, 広美
    Studies for iPS (induced Pluripotent Stem) cells are so important field for both basic science and regenerative medicine that they have attracted a great deal of attention and expectation from scientists, media and public. We revealed that unlike scientists, media and public had not paid attention to mouse iPS cell, the first achievement of the research, however, they were enthusiastic about human iPS cell. Our results suggest that the area of interest about iPS cells differed among scientists, media and public.

  13. 対話のツールとしての電子書籍制作

    杉山, 滋郎
    シンポジウムのテーマ「科学技術コミュニケーションにとって, 電子書籍はどのような可能性をもつのか」に対し, 「電子書籍制作は, 対話のツールとして大きな可能性を持つのではないか」という提案をする.なお「電子書籍」の範囲(何を「電子書籍」に含めるか)は, できるだけ広くとっておく.「電子書籍の可能性を考える」には, そのほうが稔り多いと思うからである.

  14. 2011年3月, 電子書籍について思うこと

    佐藤, 健太郎

  15. 電子書籍と学術情報流通, そして電子書籍時代の図書館

    岡本, 真

  16. 科学技術コミュニケーターの立場から見る電子書籍

    内田, 麻理香

Aviso de cookies: Usamos cookies propias y de terceros para mejorar nuestros servicios, para análisis estadístico y para mostrarle publicidad. Si continua navegando consideramos que acepta su uso en los términos establecidos en la Política de cookies.