Recursos de colección

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers (135.521 recursos)

HUSCAP (Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers) contains peer-reviewed journal articles, proceedings, educational resources and any kind of scholarly works of Hokkaido University.

61

Mostrando recursos 1 - 7 de 7

  1. 中世ドイツ文学の発信型研究の試み : 日本文化を出発点として

    寺田, 龍男
    Die Japan Society for the Promotion of Science hat den Antrag auf ein Stipendium zur Erforschung der deutschen Literatur des Mittelalters aus dem Gesichtspunkt eines Germanisten, der die japanische Kultur und Tradition verinnerlicht hat, angenommen. (Japanese Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Project-No.23520358) Die Schwerpunkte des Projekts liegen auf den folgenden Aufgaben: 1. (Fortsetzung der) Wortschatzuntersuchung der Dietrichepen. Zu erhoffen ist dabei, zu einem oder mehreren editorischen Projekten der Dietrichepik im deutschsprachigen Raum mit der Darbietung einiger philologisch herausgearbeiteter Daten beizutragen. 2. Es sollte (oder könnte) sich lohnen bzw. zumindest anregen, sich mit...

  2. Cadre européen commun de référence pour les langues et enseignement du français au Japon : contextualisation et applications didactiques

    Jégonday, Nicolas
    本稿では、『ヨーロッパ言語共通参照枠』の日本の大学フランス語教育に対して適用可能と思われる側面を検証する。まず、『参照枠』のもっとも重要と思われる方向を定義し、いかなる点で活動的視点がコミュニカティブ・アプローチを補完し超えるかをたどる。次に日本におけるフランス語教育のいくつかの特徴的な点についてまず述べておく。ヨーロッパと日本の教育文化の隔たりは常に問題となり、我々は主としてヨーロッパの人によってヨーロッパの人のために考えられた教育手段の文脈化について常に考えることを余儀なくされている。しかしながら活動的視点に基づき、異文化的なテーマのプロジェクトの形で行われる授業は、日本の入門レベルの学習者を対象にする場合も含めて、教育的であると同時に動機づけを高めるものとなりうるように思われる。同一のカリキュラムの中では、しかしながら、学習者に責任を持たせ、外にひらけた教室を含むこうしたプロジェクトがより伝統的な他の教え方にとって代わるものではないだろう。

  3. リスクと連帯

    金山, 準
    Ulrich Beck souligne qu'une multitude de risques traversent et se répandent au-delà des frontières et classes de notre société moderne. Ces risques mènent, d'une part, à une anxiété globale, mais, ils sont, d'autre part, une force créatrice de liens et d'un nouveau type de solidarité. La problématique des relations entre le risque et la solidarité a été soulevée pour la première fois en France au cours de la première moitiédu XIXème siècle. Le chômage et la pauvreté sont des problèmes qu'un individu ne peut résoudre uniquement avec ses propres capacités et efforts, constituant un phémonène probable ou risque existentiel. Les...

  4. Hypotheses fingo(仮説を虚構する) : ルーマンの不確定性三変化 その1

    高橋, 吉文
    本論「その1」は、ルーマンの『社会システム理論』(1984)の意味論とダブル・コンティンジェンシー(二重不確定性)のトリックを明らかにする続編「その2」への前編にあたるものである。ルーマンのシステム論は〔システム/環境/世界〕の三区分を基本とするが、それと通底し照応関係にあるリスク論も、表向き提唱されている〔リスク/危険〕の二項対立図式ではなく、実際には〔リスク/危険/破局〕の三区分が基本となっている。本論は、ルーマンのそうしたリスク考察やシステムを、破局世界に距離をとり、その巨大な災厄の襲撃をそらしすり替える(=縮減する)ための抽象的な多重隠蔽装置として明らかにする。その隠蔽の極意は、無限の不確定性・未規定性を有限で僅かの擬似的な不確定性へと根拠なくすり替える操作にあり、その後に初めて、疑似的な不確定性(毒抜きされ馴致されたリスク)が可視化され、それを基底として意識(個人・心理システム)やコミュニケーション(社会システム)が産出される。絶望的な暗黒世界の中で、人は、そのような根拠なきシステムを仮象として虚構する(Hypotheses fingo)ことで初めて生き延びるのである。

  5. ルワンダ虐殺にみる紛争予防の失敗 : 国際政治にとっての民族紛争のリスク概念

    鍋島, 孝子
    This article aims to apply risk concepts to the international politics. Though the preventive diplomacy has never been discussed in this discipline, the international society has dealt with it in conformity with UN peacekeeping operations, PKO. In 1992, Boutros Boutros-Ghali, General Secretary of United Nations at the time, reported "An Agenda for Peace". According to this agenda, the Peace Enforcement Unit can have a mandate to enforce its order, using some stronger weapons than PKO. The United States interpreted this "Agenda for Peace" to bring a multinational army to Somalia. But this mission ended in failure, because this multinational army...

  6. ブランド危機におけるブランド・ロイヤルティ : ネット上の書き込み内容分析による考察

    北見, 幸一
    This paper aims to discuss the brand loyalty in a brand crisis by the content analysis of the buzz on an internet blog. In the prior research on a brand loyalty, only the positive side which promotes the competitive advantage of a company and growth as a merit of a loyalty has been emphasized. However, we seldom argued about the merit of the loyalty in the business reconstruction phase in negative environment, such as a brand crisis. The purpose of this research is to analyze the internet blog contents on the brand crisis of the Japanese small and medium-sized food...

  7. 序 遍在するリスク

    高橋, 吉文
    リスク・シンポジウム特集 : 遍在するリスク

Aviso de cookies: Usamos cookies propias y de terceros para mejorar nuestros servicios, para análisis estadístico y para mostrarle publicidad. Si continua navegando consideramos que acepta su uso en los términos establecidos en la Política de cookies.