Recursos de colección

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers (135.521 recursos)

HUSCAP (Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers) contains peer-reviewed journal articles, proceedings, educational resources and any kind of scholarly works of Hokkaido University.

???????(Peer-reviewed Journal Articles,etc)

Mostrando recursos 1 - 20 de 33

  1. Origami-based self-folding of co-cultured NIH/3T3 and HepG2 cells into 3D microstructures

    He, Qian; Okajima, Takaharu; Onoe, Hiroaki; Subagyo, Agus; Sueoka, Kazuhisa; Kuribayashi-Shigetomi, Kaori
    This paper describes an origami-inspired self-folding method to form three-dimensional (3D) microstructures of co-cultured cells. After a confluent monolayer of fibroblasts (NIH/3T3 cells) with loaded hepatocytes (HepG2 cells) was cultured onto two-dimensional (2D) microplates, degradation of the alginate sacrificial layer in the system by addition of alginate lyase triggered NIH/3T3 cells to self-fold the microplates around HepG2 cells, and then 3D cell co-culture microstructures were spontaneously formed. Using this method, we can create a large number of 3D cell co-culture microstructures swiftly with ease in the same time. We find that HepG2 cells confined in the 3D cell co-culture microstructures...

  2. Hierarchical viscosity of aqueous solution of tilapia scale collagen investigated via dielectric spectroscopy between 500 MHz and 2.5 THz

    Kawamata, Hiroshi; Kuwaki, S.; Mishina, T.; Ikoma, T.; Tanaka, J.; Nozaki, R.
    Aqueous solutions of biomolecules such as proteins are very important model systems for understanding the functions of biomolecules in actual life processes because interactions between biomolecules and the surrounding water molecules are considered to be important determinants of biomolecules' functions. Globule proteins have been extensively studied via dielectric spectroscopy; the results indicate three relaxation processes originating from fluctuations in the protein molecule, the bound water and the bulk water. However, the characteristics of aqueous solutions of collagens have rarely been investigated. In this work, based on broadband dielectric measurements between 500 MHz and 2.5 THz, we demonstrate that the high...

  3. Cooperative strings in glassy nanoparticles

    Arutkin, Maxence; Raphael, Elie; Forrest, James A.; Salez, Thomas
    Motivated by recent experimental results on glassy polymer nanoparticles, we develop a minimal theoretical framework for the glass transition in spherical confinement. This is accomplished using our cooperative-string model for supercooled dynamics, that was successful at recovering the bulk phenomenology and describing the thin-film anomalies. In particular, we obtain predictions for the mobile-layer thickness as a function of temperature, and for the effective glass-transition temperature as a function of the radius of the spherical nanoparticle - including the existence of a critical particle radius below which vitrification never occurs. Finally, we compare the theoretical results to experimental data on polystyrene...

  4. Cooperative strings in glassy nanoparticles

    Arutkin, Maxence; Raphael, Elie; Forrest, James A.; Salez, Thomas
    Motivated by recent experimental results on glassy polymer nanoparticles, we develop a minimal theoretical framework for the glass transition in spherical confinement. This is accomplished using our cooperative-string model for supercooled dynamics, that was successful at recovering the bulk phenomenology and describing the thin-film anomalies. In particular, we obtain predictions for the mobile-layer thickness as a function of temperature, and for the effective glass-transition temperature as a function of the radius of the spherical nanoparticle - including the existence of a critical particle radius below which vitrification never occurs. Finally, we compare the theoretical results to experimental data on polystyrene...

  5. 誕生から30年を経たエコツーリズムの可能性 (特集 環境と観光で実現する インバウンド・ジャパン)

    敷田, 麻実

  6. 学ぶ門には福来たる (特集 財政担当者が読んでおきたい書籍)

    敷田, 麻実

  7. 飼育者の負担を軽減するペット用バイオ型自動トイレの開発 : 2014 年度イノベーションデザイン特別演習 村越 PT

    村井, 貴; 福冨, 隼也; 茗荷谷, 章圭; 崔, 烘銀; 夏井, 俊明; 陳, 俊甫; 村越, 英樹
    The pet market has entered a period of maturity, with the amount of sales flattening out year after year. However, toilet care products are expected to continue in a steady transition into the future, as the number of small dogs kept indoors grows, and as the pet ages increase with the advancement of medical technologies. Our project proposes the "Automatic Bio-toilet for Pets" as a new product that offers superior absorbency, high safety, and deodorizing effects, while reducing this burden for pet owners.

  8. 北海道における学力テストの地域格差要因の予備的分析 : 教育の情報化を中心に

    田島, 貴裕
    これまでの全国学力・学習状況調査(いわゆる学力テスト)に関する研究結果から,児童生徒の学力は,家庭や地域の社会経済的背景による影響が強いことが指摘されている(1)(2)(3)。一方で,学校における取り組みが学力格差を小さくすることも示唆されており,様々な教員研修や学習指導方法などが試みられている。そのひとつとして「教育の情報化」が推進されている。教育の情報化は,授業内容の分かりやすい説明や学習 への興味喚起,個別学習,協働学習などに効果があるとされており,学習指導要領においても,ICT の適切な活用が求められている。  平成25年6月14日に閣議決定された第2 期教育振興基本計画では,教育用コンピュータや校務用コンピュータ,電子黒板や超高速インターネットの整備が目標として掲げられており,それを受けて,文部科学省では「教育のIT 化に向けた環境整備4 か年計画(平成26~平成29 年度)」により地方財政措置が行われている(4)。しかし,学校におけるICT 環境は市町村間で格差があり,必ずしも教育の場でICT を活用できるとは言えない状況にある。  そこで,本研究では,北海道における学力テストの地域格差要因を探ることを目的として,学力テストとICT の関係性に着目した予備的分析を行う。北海道教育委員会で公表している14 管区(空知,石狩,後志,胆 振,日高,渡島,檜山,上川,留萌,宗谷,オホーツク,十勝,釧路,根室の各総合振興局および振興局)の全国学力・学習状況調査の結果(5)を用いて,(1)社会・経済的要因による学力テストへの影響,(2)ICT 活用と整備状況,(3)ICT 整備と財政について分析する。

  9. クラウド型クリッカーの活用事例とその運用課題 : スマートデバイスに対する大学生の意識の観点から

    田島, 貴裕
    本研究では、教員個人が無料で利用でき、スマートフォンやタブレット端末といったスマートデバイスをリモコンとして使用するクラウド型クリッカーを導入した講義事例を報告し、特に運用上の課題について検証することを目的としている。学生への調査の結果、(1)クラウド型クリッカー「Clica」を大学の講義で使用することに関しては肯定的である、(2)個人所有のスマートフォンの使用には反対も少なくない、(3)個人所有のスマートフォンを使用する際の一番の懸念はバッテイリー(充電)に関すること、といった点が明らかとなった。

  10. 初年次教育の理系実験に対する取組姿勢と成績評価の関連性 : 入試制度の観点から

    田島, 貴裕
    大学初年次教育における理系実験を事例として,実験に対する取組姿勢と成績評価に関して,入試制度の観点から検証を行った.その結果,(1)総合入試による入学者の実験レポートの平均点は,学部別入試による入学者よりも高い,(2)遅刻回数やレポートの提出状況といった学習状況は,総合入試による入学者のほうが良いことが明らかとなった.また,取組姿勢と成績評価の関係については,実験に対する取組姿勢が良いほど,概ね成績評価は高くなる傾向がみられた.

  11. 書評 福島真人『学習の生態学 : リスク・実験・高信頼性』

    石村, 源生

  12. 書評 福島真人『学習の生態学 : リスク・実験・高信頼性』

    石村, 源生

  13. 第61回研究協議会 <講演・パネルディスカッション>報告

    田島, 貴裕

  14. <シンポジウム報告>大学通信教育等における情報通信技術の活用について : 文部科学省の調査研究協力者会議の審議状況を踏まえて

    田島, 貴裕

  15. 遠隔高等教育の需要研究に関する動向と課題 : 大学進学行動の先行研究サーベイを中心に

    田島, 貴裕

  16. 通信制大学の便益効果に関する認識の検討 : 通学制大卒者の観点から

    田島, 貴裕
    通信制大学の便益効果に関する認識について,通学制の大学卒業者を対象に調査を実施し,プロビットモデルによる検証を行った.その結果,(a)郵便物,インターネットによる講義の学習効果があると考えるほど,通信制大学の便益効果への期待が高くなること,(b)大学卒業により得た便益効果は,通信制大学の便益効果に対する認識へ影響すること,が示唆された.

  17. 遠隔高等教育の需要構造に関する考察 : 教育理論を背景とした需要概念モデル

    田島, 貴裕
    遠隔高等教育に関する研究として、授業デザイン、教授─学習活動、学習効果、メディア技術に関する研究は多いが、社会システムや教育制度の枠組みのなかで、遠隔高等教育の存在意義や位置付け、伝統的な高等教育との関連性など、マクロ的な視点からの理論的考察は多くはない。日本では、通信制大学と通学制大学は戦後から明確に区分されてきたが、インターネットの発展・普及によってそれらの「ボーダーレス化」が起こり、今後も進行することが予想される。通信制大学と通学制の大学のボーダーレスが進行する中で、各々に対する学習者からの需要はどのように変化していくのであろうか。現代日本の遠隔高等教育の需要構造を捉えるためには、高等教育システム全体の中で、通信制大学と通学制大学の関連性に着目し、各々の意義や区分についての考察が必要である。そこで、本稿の目的は、「通信制」と「通学制」のボーダーレス化により変化している、学習者の教育需要構造に関する概念モデルを提示し、「通信制」と「通学制」の関係を教育市場のなかで捉える意義を提起することにある。論考の手順は、まず、議論の下地となる、遠隔教育の定義および考え方について、遠隔教育理論の先行研究から整理する。次に、現代日本における遠隔高等教育の現状とボーダーレス化の観点から行われた先行研究について整理する。そして、ボーダーレスの枠組みを精緻化し、日本における遠隔高等教育システムをより明確に捉える理論として確立したうえで、その理論を土台とした遠隔高等教育の需要構造に関する概念モデルを提示し、検討を行う。

  18. Effect of warm-up exercise on delayed-onset muscle soreness

    Takizawa, Kazuki; Soma, Toshio; Nosaka, Kazunori; Ishikawa, Tomoji; Ishii, Kojiro
    This study investigated whether a warm-up exercise consisting of 100 submaximal concentric contractions would attenuate delayed-onset muscle soreness (DOMS) and decreases in muscle strength associated with eccentric exercise-induced muscle damage. Ten male students performed two bouts of the elbow flexor exercise consisting of 12 maximal eccentric contractions with a warm-up exercise for one arm (WU) and without warm-up for the other arm (control: CON) in a randomised, counterbalanced order separated by 4 weeks. Muscle temperature of the biceps brachii prior to the exercise was compared between the arms, and muscle activity of the biceps brachii during the exercise was assessed...

  19. 北海道大学AO入試 : 平成13年度-15年度

    山岸, みどり
    本稿は,北海道大学AO入試の初年度から3年目までの動向を概観し「選抜型」AO入試の現状について考察することを目的としている。3回にわたる北海道大学AO入試には,全国470高校から総計941名の出願があり242名が合格した。AO入試合格者は前期日程合格者に比べ,大学進学に対してより明確な目的意識を持ち,勉学意欲も高いことが明らかになった。しかし基礎学力の測定方法などの課題が残されていることが指摘された。

  20. 北海道大学が目指す新しい高大連携

    鈴木, 誠; 池田, 文人
    「高大連携」の必要性が強調されている。その形態は,高等学校と大学の様々な思惑の中で「出張講義」から「リメディアル教育への支援」まで多種多様である。その内容を調べてみると,大学の紹介や講義の体験といった一方的かつ一時的なものが多く,大学側の情報提供に終始する場合がほとんどである。連携とはインタラクティブな意味を持つ。高等学校や大学が現在直面している学力低下や,学習内容の縮減による学ぶ意欲の低下といった犠々な問題に,両者が積極的に関わっていくことが,これからの「高大連携」に必要な視点である。本稿は,北海道大学が始めた新しい「高大連携」の紹介を通して,その方向性について論じるものである。

Aviso de cookies: Usamos cookies propias y de terceros para mejorar nuestros servicios, para análisis estadístico y para mostrarle publicidad. Si continua navegando consideramos que acepta su uso en los términos establecidos en la Política de cookies.